【S1】DIP16ピンプラグ付きケーブルを作る^^

Last Updated on 2014年3月19日 by kabekin

MMU部のIC部分で使用するDIP16ピンのプラグ付きケーブルを作ってみました。
手持ちのフラットケーブルがちょっと太めなのか、圧接するのに少し難航・・・
2014-03-17 18.10.14
使用している万力がもう一回り大きければ もう少しスムーズに作業できそうな感じです。
日立純正のOS-9カードはS1側もOS-9カード側もDIPプラグになっているようですが、
今回の製作はS1の基板側のみプラグにしてOS-9カード側は半田直付けで行く予定・・・^^
(このプラグ 1個約300円なので、大事に使わねば)

カバーが少し割れてしまいましたが、導通OKのようなのでこのまま使用してみます。
2014-03-17 18.26.13
但し、このプラグの上部カバーは両面テープで接着なので取り外す際は
上向きに力を加えないようにする必要がありそうです。
思ったより圧接が難しいので、在庫がなくならないうちに追加で注文しときますかな^^;;;

6件のコメント

  1. 昔この手の圧着コネクタ使うのに万力無かったから、マイナスドライバで地道に押し込んだのは懐かしい思い出・・・。
    今はもうフラットケーブルの加工はしなくなったねぇ。

    1. 最近はフラットケーブルの加工が多いよ~
      そろそろ専用工具を買おうかと思うほど沢山圧接するので、色々考え中^^

      1. 流石だねぇ。
        まぁ、ウチの場合はガラクタから使えそうなフラットケーブル掘り出すから・・・

        1. 自分の好きな長さで、必要なコネクタ付けてケーブル作りを楽しむのもいいよ~
          あと、イーサネット用RJ45ソケット用の専用工具が欲しいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください