収集物の思い出【コンピュータ】:NEC/SC-9821A

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

■収集物の思い出【コンピュータ】:NEC/SC-9821A


NECの98シリーズでストアコンピュータとして発売されていたPCです。

メーカ資料 >> http://www.pc-9800.net/db1/data/sc-9821a.htm

技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

入手はヤフーのオークションで5kくらいだったと思います。

CPUは80486SXの33MHzでメモリをいくら積んでいたか記憶にありません。

HDDも入手時には付いていなかったのでMD-DOS3.3でフロッピーオペレーションで遊んでいました。

その後バッファローの外部HDDと搭載しCCT98でのパソ通ターミナルとして活用。

このSC9821Aを持っていた頃はPC9821V200青札をメインで使用していたため、SC98は隅に追いやられてほぼ使用せずそのままヤフオクで売却されました。

当時はそれほど思い入れもなく写真が少ないのですが、お気に入りのIMB PS/V Visionと一緒に撮った写真が出てきました。

技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

SC98と接続して使っているディスプレイは日立のDC350 日立のB16用として入手したCRTです。

NECのOEMだと思いますが、操作部の前面パネルが外れて機種の判別がつきません。15型で31.5KHzのハイレゾ対応でした。200ラインの21Pマルチ入力、デジタル-アナログRGB入力搭載でMSX~S1~FM-77~PC98までオールマイティで便利なCRTでした。

今となっては入手困難なPCになってしまいました。手放したことを少し後悔・・・・

それよりも写真が少ないことにもっと後悔です

スポンサーリンク

収集物の思い出【コンピュータ】:横河/SB2000

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

収集物の思い出【コンピュータ】:横河電機/SB2000


YOKOGAWAのIEEE1394バスアナライザーです。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

IBMのPS5541-Tに通ずるデザインのカッコよさに惹かれてヤフオクで購入

IEEE1394の解析をすることはないので普通のパソコンとして活用しようと入手したものです。

IEEE関係のカードは取り外して、一番上段に搭載されているグラフィック&PCMCIA/JEIDAスロットカードのみ残しました。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

とりあえずHDDを交換し、CD-ROMドライブを仮付けし、OSを入れ変えて自分好みのPCに仕立てます。

このPC、形は単純な構造のようで、メンテナンス製が悪く蓋を開けるのも一苦労した覚えがあります。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

マザーボードは「AI5TT」、当時は情報が手に入りやすい結構一般的なM/Bで改造には問題なし。

PCIとISAを搭載して拡張性も十分でした。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

グラフィックチップは一般的なCT65545、PCMCIAコントローラも一般的な82C365Gとドライバーの入手には問題ない構成で非常に助かりました。

但しなぜISAなの・・・・
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

OSを入れ替え、各ドライバーを入れて普通のパソコンになったSB2000ですが、LCDがSVGAまでしか対応しておらずいまいち活用方法が見つからず。

改造後あまり使用せずにヤフオクで売却。

既にアナライザではないので、逆に人気があったような気がします。

変わった形でも中身は一般的な部品で構成されたPCで広範囲に改造できる面白いPCでした。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

いろいろ調べたところ、このPCはどこかのメーカのOEMらしく、同じ形で別の測定器がありました。

しかし、横河の◆マークが付いただけでこんなにカッコいい機械になるんですねぇ~。

スポンサーリンク

収集物の思い出【コンピュータ】:Apple/PowerMac7100/80AV

beforeパスワードフォームの中身

雑誌広告をそのままスキャンしているので、全体公開ではなく公開制限ということで・・・^^;;

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

■収集物の思い出【コンピュータ】:Apple/PowerMac7100/80AV


広島の友達からタダで譲ってもらったPCです。私としては初AppleのPCでした。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

CPUにIBMのPower PC601の80MHzと結構な高スペックだったと思うのですが、AppleOS7.5で使用しているとレスポンスの悪さにアップルとはこの程度もものかと私のアップル熱を一気に下げてくれた機種でもあります。

Windowsに比べMacは固まりにくいとの噂も、このPM7100を使っているとただの噂だということを実感したものでした。

但し、Appleのマザーボードは芸術的だとい話もよく聞いていたので、分解してみるとPC/AT機に比べ美しい作りになっているのは間違いなさそうです。

技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

詳しくマザーボードを見るためにPSU/HDD/CD-ROMを外してみると美しく整理整頓されたM/Bが出てきました。たしかにPC/ATよりいい感じです。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

CPUを探してみると小型のヒートシンクを載せた部分を発見。Pentium等と比べ大きなファンも無く、ヒートシンクもかなり小型。この作りはインテル系とは対照的です。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ヒートシンクを外すと出てきたのはIBMのPowerPC601。IBMの青いパッケージのLSIはやっぱりカッコいいです。

この当時反インテル派だった私はこのCPUの普及を応援していましたが、普及しませんでしたね。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]
最終的には電源が入らなくなったPM7100ですが、原因を調べてみたところ内蔵リチウム電池の液漏れでした。

それもかなり派手に漏れており、SIMMのソケットまで侵食。

メモリーの足を侵食しておりました。このリチウム電池Macの色々な機種で使用していますが、結構問題の多い電池だと思うのは私だけでしょうか???
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]
この写真を見てDOS/V用のSIMMを付けて使ってたのをこときに初めて気づく・・・・・

可もなく不可もな初MacのPCとしては印象の少ないPCでした

収集物の思い出【コンピュータ】:HP / HP9000-216(9816)

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

■収集物の思い出【コンピュータ】:HP / HP9000-216 (9816)


某都市ガスプラント内で上位コンピュータにデータを報告していた HP9000/216 workstation です。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

プラント設備のリプレイス時に産廃処理された後頂いてきたコンピュータでシステム、ドキュメント類一式全て揃っていました。

FDDは1D用の2デッキでHP-IB(GP-IB)接続でした。

CPUはたしかモトローラの68000で8MHzクロックだったと思います。9インチ白黒モニタ一体型でおしゃれです。

グラフィック等の描画システムも搭載しておりLINE等で線も引ける優れものでした。

何と言っても特徴的なのはキーボード上部についたぐるぐる回るエンコーダーで、回すとカーソルが左右に動きます。

技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]
珍しい日本語キーボードでカナ表記があります。

このワークステーションには拡張ROM-BASICカードが搭載されていましたので、FDDからシステムをブートしなくてもROMBASICでソフトを実行できました。

といってもROMBASICなのでLoad,Saveができませんでしたが・・・・

計算機としては利用できました。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

 

背面はDATA COMMUNICATIONSというアンフェノール50PとGP-IBが付いています。電源を入れると一瞬「ブー」という控えめな音もいい感じでした。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

なお、このHP9000-216は別の取引先の某製鉄所でも使用されており、FAの分野ではかなり普及していたと思われます。



某製鉄所で使用されていたHP9000-216はTEACのOEM版でキーボードは大型のもの。

写真は廃棄したときのものしかありませんでした(泣)。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

大型のキーボードは鉄製でガッチリした作りです。キーの数は小型キーボードより多めです。

左上にあるエンコーダ状の仕組みもしっかりとついていました。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

HPとTEACのツーショット写真は小さい物しか残っていませんでした。残念・・・・

技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

結局、何も活用せず廃棄処分になってしまいました。

こちらのHP9000-216は転売しないという約束を守ってに廃棄業者に引き取ってもらいました。

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)

収集物の思い出【コンピュータ】:SII/BrainPad TiPO BP-2100Z

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは


収集物の思い出【コンピュータ】:SII/BrainPad TiPO BP-2100Z



μBTRON仕様OS B-rightを搭載した純BTRONマシンのPDAです。

CPUもNECのV810 25MHzと素敵な構成でした。

本体型式はBP-2100Z

初代Tipoは発売当初にパーソナルメディア社で予約購入したものです。詳細型式はBP-2111-00

2個目は愛知の半田にあるリサイクルショップDokiDokiで新品同様を購入。詳細型式はBP-2111-03

その昔、大阪日本橋のジャンクショップ「スーパービデオ」で入手したPM社のBTRON準拠キーボードTK-1と接続してBTRON環境を満喫

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

SII純正のPC/AT PS2キーボード接続アダプタ兼電池ボックスユニット(BP-9800Z)も購入しPS2キーボードも接続できるように整備。

TK-1よりPC/AT用キーボードの方が入力効率は高いのでこのユニットは必修です。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

写真はTipo PLUSのBP-2111-03 動作中の様子

SIIのPHS通信カードと合わせてNTTパーソナルのPHSで通信していました。

予約販売で購入した初代BrainPad Tipo BP-2111-00です。

予約販売で購入したときにはTipoの腕時計がおまけで付いてきました

このTipoには色々と問題がありましたが、主な不具合は電池が無い状態でしばらく放置すると電源が入らなくなるというもの。この不具合症状はどのTipoでも発生していたようです。

私も2回くらいメーカーに修理に出した思い出があります。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

もう修理受付も終了していたBP-2111-00です。

電源が入らなくなったTipoを分解してみた写真です。

上部の基板には主な部品は付いていません。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

基板の裏側だったかな!? にCPUを含むメモリやコントローラが付いています。

CPUのμPD70732(V810)が見えます。Coolです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

大阪出張中に日本橋のジャンク屋スーパービデオで発見した、TK-1です。

パーソナルメディア社の雑誌、TRONWAREに接続アダプタの回路図が載っていたのでアダプタも作成。

ケーブルは純正部品で取り寄せしました。ケーブルだけで10k程度した覚えがあります。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

TK-1内部のコントロール基板です
ALPS社のOEM生産であることが分かります。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

電磁誘導タイプのペンタブレットの背面です。

この構造を見ると分解能は低そうです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

電磁誘導ペンはパーソナルメディア社で新品を購入。型式はSP-200A/210A
結構高かった記憶が・・・・・
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

と、BTRONファンだった私を色々楽しませてくれたBrainPad Tipoですが、既に進歩が無くなってしまったBTRONに限界を感じた私はフルセットで売却しました。

BTRONが政治問題と絡んだ時点でBTRONに未来はなくなっていたのかもしれません

 

趣味の日記