画像を貼り付けたMS Excelのシートでサイズを小さくする方法

■画像を貼り付けたMS Excelのシートでサイズを小さくする方法

MicroSoft Excelを使用して仕様書や取扱い説明書を作る機会が多いのですが、私が編集するとなぜかファイルサイズが膨らんでしまいます

画像の貼り付け方に問題があったようで、サイズの大きくなりにくい画像の貼り方メモです。

1)普通にコピーペーストで画像を貼り付けた後、エクセルのシート上でもう一度コピーする。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

2)シート上で貼り付け先セルをどこか指定して右クリックし「形式を選択して貼り付け」を選択
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

3)形式を選択して貼り付け画面で「図(拡張メタファイル)」を選択して「OK」
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

4)画像が張り付く。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

5)元の画像を削除して、シートを保存する。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

これでエクセルのシートサイズが小さくなるようです。画像が多ければ多いほど効果は絶大

これで私の仕様書サイズが大きいと言われることも無さそうです・・・・

(おそらくワードでも同じことができそうです)

うまくいかない場合は私の素人メモではなくこちらへどうぞ → 【エクセル情報】

スポンサーリンク

VMware Server Console 通信設定メモ

■VMware Server Console 通信設定メモ

VMware server でホストOS(WindowsXP)とゲストOS(WindowsXP)のEtherNet通信をするための設定をメモ

VMware Server Console バージョン = 1.0.9

ホスト側OSの通信設定 = 特になし

ゲスト側OSの通信設定 =

1) 「VM」 – 「Settings」 「Hardware」 – 「Ethernet」の設定をNATにする。ghs4gj room [ALL IS VANITY]

2) Windowsのイーサネット設定を「IPアドレスを自動的に取得する」に設定し「OK」する

ghs4gj room [ALL IS VANITY]

IPを固定するとうまくいかず自動取得にするとうまくいく。何故だろう??今回のセグメント内にDHCPサーバは無いのですが・・・・

これでゲストOSを再起動するとPINGが通るようになりネットワークで通信できるようになるようです。

これだけの設定で、ネットの共有やゲストOSからのインターネットアクセス(プロキシサーバ無し環境)も特に問題なくできるようです。

うまくいかない場合は私の素人メモではなくこちら → 【VMwareの本】

スポンサーリンク

IE8 検索窓の設定メモ

■Internet Explorer8 検索窓の設定メモ

IE8をインストールした際、フォームの右上にある検索窓にキーワードを入力して「検索」とすると%sがリテラルな文字となって引数に渡される不具合が発生しました。

(新規インストールなので不具合ではなく設定されていないから%sなのかも・・・・)
ghs4gj room [ALL IS VANITY]


設定方法

1) 検索窓の右側の「▼」をクリックしてメニューを出す

「検索プロバイダーの管理」を選択し設定画面を出す。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

2) 通常使用したい検索サイトを選択し「既定に設定」をクリックする。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

3) 自分の希望する検索サイトが見当たらない場合は、再度検索窓右側の「▼」からめメニューを出し、「追加のプロバイダーを検索」をクリックする。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

4) 追加できる検索サイトの一覧が表示されるので「アドオンをインストール」をクリックして追加する。

上記 1)に戻って既定を設定する。
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

これで検索窓から検索できるようになりました。

なんだか細かい不具合が多く発生します。

色々解決しない場合は私の素人メモではなくこちらをどうぞ → IE情報


au oneメール(Gmail)使用の注意点 メモ

■au oneメール(Gmail)使用の注意点 メモ

auの携帯連携サービスにau oneメールというのがあります。

中身はGmailだと思うのですが、このサービス、PCのemailを転送しておけば携帯から見ることができるので重宝しておりました。

ところが、このauoneメール(gmail)はexe等のプログラムが添付されたメールをはじくようになっているようで、メールエラーを転送元ではなくメール送信者に返してしまうようです。

http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=6590

(実験したところexeやcomファイルはzipで圧縮しても添付ファイルエラーになります。DLLやLHAで圧縮したものはOKでした。)

転送元の@niftyにエラーが届くわけでもなくエラーが発生していることはまったく気づきません。

最近の会社(特に上場会社)はフリーメールの使用や転送等を禁止している会社が多く、転送していることが取引先などに知られてしまうと信用力ダウンにつながりかねません。

ビジネス用で使っているメールにauoneメールやGmailを関係させないようにすることが信用力アップへのKY(危険予知)につながると実感した出来事でした。

みなさんも、GMailをビジネスの場面で使う場合は気を付けましょう。

ちなみに送信者宛てに届くエラーメッセージは

auoneメールの場合

送信元:”au one net”<no-reply@app.auone-net.jp >
送信先:<xxxx@xxxx.co.jp >
CC:
表題:メール送信エラー通知
送信日時:2010年06月23日 10:20:50
以下の宛先へのメールは、エラーが発生したため送信できませんでした。

※本メールはau one netのメールシステムより配信しております。
このメールには直接返信いただけません。

<以下、エラー理由>

<xxxxx@auone.jp >: host ASPMX.L.GOOGLE.COM[xx.xx.xxx.xx] said: 552-5.7.0 Our
system detected an illegal attachment on your message. Please 552-5.7.0
visit http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=6590 to 552 5.7.0
review our attachment guidelines. xxxsi14715988wfc.23 (in reply to end of
DATA command)

GMailの場合

—– The following addresses had permanent fatal errors —–
xxxxxx@gmail.com
(reason: 552-5.7.0 Our system detected an illegal attachment on your message. Please)

—– Transcript of session follows —–
… while talking to aspmx.l.google.com.:
>>> DATA
<<< 552-5.7.0 Our system detected an illegal attachment on your message. Please
<<< 552-5.7.0 visit http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=6590 to
<<< 552 5.7.0 review our attachment guidelines. o38si32315156rvp.130
554 5.0.0 Service unavailable

と転送しているメールアドレスなども送信者にバレバレです。

何かいい設定方法があるのかもしれませんが、信用力を落とさないというKY的(危険予知活動)にはGoogleは使わないのが一番かも。

怖い怖い・・・

とは言いながらもGoogleがないと仕事の効率は落ちてしまいます。

しっかり理解して使いましょう。

こちらはどうですか → 最新版 Google使いこなしハンドブック

客先の信頼を損なわない為にThinkPadユーザーはこちらがお勧め → Lenovo ThinkPad USB 320GB ポータブル・セキュアHDD


趣味の日記