タグ別アーカイブ: ラジオ

ラジオに関する話題

RCCのワイドFM放送をチェック^^

WIMAX2+ & radikoで安定したAMラジオ聴取が可能になったので「南一誠のゆめ語り一誠一座」もradikoでカバー・・・

と思っていたところRCCはワイドFM予備免許を受けたそうで94.6MHzでAM放送の内容全く同じ内容を放送中でした。
http://www.1350.jp/fm_hokan.htm

DSC01600
可部2丁目で受信してみたところ、少し雑音まじりですが実用感度で使用出来ます^^
FMラジオ用のTダイポールや八木アンテナを立てれば更にS/Nが良くなるかと・・・・
(黄金山から1Kwで送信だそうで、広島FM(JOGU-FM)と同じレベルということらしいです。)

しかし、AORのAR8000は凄い^^
中波の1350kHzもVHFの94.6MHzも一台でカバー・・・
中破用のフェライトアンテナを内蔵していれば言うことなしのお大尽受信機です。


ついでなので先日物置から出てきた文字多重放送対応ラジオで広島FMの文字多重放送(JOGU-FCM)をチェックして
みようとしたところ何も表示されず・・・ 続きを読む RCCのワイドFM放送をチェック^^

42,6D6,6080等 真空管を頂く その2

先日頂いた真空管の動作確認 第二弾です^^

大電流 双3極管の6080を2本頂いているので、
以前作ったオーディオアンプ用のAVR(電圧調整電源)を物置から持ってきました
DSC00741
この電圧安定化電源は6BM8パワーアンプ+プリアンプ用に作った物ですが超バブリー仕様です。

コレを作った頃は海外出張が多く日当を当てにしてバブリーにやってしまいました^^
作った時の記録はこちら→
http://asakita.net/kabekin/2011/02/181.html
http://asakita.net/kabekin/2011/08/289.html

パワーアンプ用の球としてはおもちゃレベルの6BM8ですが、その電源として
真空管の王様であるEL156をレギュレータ管で使用するという贅沢さがコンセプトの電源です^^

内部を確認してみると一部、部品を外して他に流用してしまっております
おまけに今回動作確認に使いたい6080部は改造中で一部配線を分解したまま放置中・・・^^
(6080ブロックはPICマイコンでシリアル制御させる予定でした)
DSC00682

使用部品も耐容量も3倍以上を使ってます^^ 続きを読む 42,6D6,6080等 真空管を頂く その2

42,6D6,6080等 真空管を頂く その1

ラジオやAVR等で多様に活用できる真空管をたくさん頂きました^^

DSC00661

今回頂いた真空管の中で6D6とUZ-42はラジオで動作確認できるので、
物置から自作のラジオをひっぱり出してきました^^
DSC00673
このラジオは、高校の頃作った物で当時所属していたクラブ活動で廃品をもらってきて作った物のようです。
(ちなみに、私の高校時代は既にLSI/IC時代です^^;;;)

こだわりポイントはMT管,GT管,ST管,ナス管の全ての種類の球を盛り込んで、素敵なビジュアルです・・・^^

廃品シャーシを利用し作っています。
シャーシ裏の鉛筆書きメモによると、元は6BQ5ppのモノアンプのようでした。 続きを読む 42,6D6,6080等 真空管を頂く その1

笑家堂弁当ゲット

RCCとサークルKサンクスのコラボ企画で発売中の「ごぜん様さま あったか 笑家堂弁当」を買いに行ってきました^^

可部にはサークルKサンクスはないので、今回も車に乗って買い出し・・・
今回は近場の落合店で調達^^
2014-12-06 16.21.34

ラジオでは入手困難との話だったので数件回る覚悟で調達に向かいましたが、あっさり発見! 続きを読む 笑家堂弁当ゲット

真空管ラジオ(コロムビア1520型)の点検調整をしてみる

先日電脳技研氏宅でノートパソコンを修理してもらったので、お礼にラジオの点検整備をしてみました。

今回のラジオは保管状態が良いので、修理せずに球の交換や清掃、調整のみでFBな状態になりました。

その記録です^^

今回、整備するラジオ コロムビア製の1520型真空管ラジオです。
frd1

測定器マニアだった頃、ラジオ調整用の測定器といえば安立の「 MSG-655A 」を使っていましたが、
最近はコレしか残ってません^^ 続きを読む 真空管ラジオ(コロムビア1520型)の点検調整をしてみる