「MB-S1 / レベル3」タグアーカイブ

MB-S1 / ベーシックマスタ レベル3 の話題

拡張用シリアルボードの製作にとりかかる

SRAMのメモリ増設もできることがわかったので、いよいよ本命のシリアルポート増設に計画始動。

とりあえず必要そうな部品は揃った。

本家のS1ではタイミング生成はYGP002で行ってるみたいですが、来夢来人には実装されていない。

本来なら6840等のタイマーでやるのが達人だとは思いますが、ここは手軽にMC14411ビットジェネレータを使います。
ghs4gj room
232C回線のレベルコンバータも手軽にMAX232で5Vの単一電源で実験。

動作OKなら完成版はLS系のレベルコンバータを使ってみるもの素敵 (*^_^*)

 

それにしても、74HC133が入手困難になっているらしい。 HCTは入手できない模様・・・

在庫があるところには沢山あるが、既に保守品扱いになっているようで今後ますます入手困難かも

この手の拡張I/Fのアドレスデコードには楽できる石なので確保は必修・・・・

しかし、拡張バスにきているEXIO2信号を使えば74133自体を省略できそう。これは実験してみます。

とりあえずはこんな感じで進めてみます。

ghs4gj room

6800系の6850を使っても結局ICは8個も必要みたいです^^;;;

電源廻りの配線にとりかかる

来夢来人用拡張シリアルボードの電源廻り配線にとりかかりました。

今回も万能基板を使いサンハヤトのCPU110Aの上に載せる形でいきます。

部品の配置を考えてみるとおそらくこんな配置がベストghs4gj room

+5VラインとGNDラインを配線。

ghs4gj room

パスコンを数個載せて今日はここまで・・・・・ (*^_~*)

ghs4gj room

前回作った拡張メモリより配線が多いので、途中でスパゲッティ状態にならないように努力・・・・

まず最初にビットジェネレータが正常に動作するかどうか確かめる予定。

HM628512 で 512KB増設

ACIAやPSG実験用に72Pin基板を使いたいので、拡張メモリの実験を終了させたいところ・・・・

最後まで残っていた HM628512 x 1の拡張メモリが使用可能かどうか確認して分解することにします。

CS#は8入力のANDが使いたかったのですが、存在しないようなので7430 & 7400で構成

ghs4gj room

HM628512を入手。512KBのSRAMとなるとちょっと高いが円高で1個1200円程度。

これで基板のスペースを節約できるのはありがたい (*^_^*)
ghs4gj room

亀の子4段重ね用に使っていた7411を撤去して、7430に交換

非常にスッキリした512KB増設です。これなら拡張I/F2への増設も問題なし。
ghs4gj room

正常に認識されました。
ghs4gj room

結論、来夢来人でHM628512を使った512KB SRAM拡張メモリは動作するようです。

動作確認は終了!! 72ピン付基板はPSGの実験に使いたいので、この拡張RAMカードは分解。

これから再度24KB生活に戻ります・・・・

PSGはハードルが高そうなので、ACIAでもチャレンジしてみようかな (*^_^*)

HM628128での最大容量512KB 増設 かめかめ4段

7408を買ってきてから試そうと思っていた512KB増設ですが、待ちきれずに手持ちの7411でさくっと試してみました。

HM628128は豪華4段重ね。半田付けせずに重ねてあるだけの亀の子仕様。

ANDが足りなかったのでLS11を一つ追加。個人的には三菱と富士通のTTLが好き♪
ghs4gj room
SRAMは半田付けすればそれなりに安定して使えそうな感じではありますが、この回路で使えることは分かったので次回作り直す予定。

Y6#($60000-$6FFFF)とY7#($70000-$7FFFF)を使用
ghs4gj room

ここまで背が高くなると拡張I/F2が完全に使えなくなってしまいます。
ghs4gj room
HM628512を入手したので、次回ワンチップで512KBを実験してみます。

標準24KB + 512KB増設 – 8KB で最大容量の528KBになりました。 (*^_^*)
ghs4gj room

ラムディスクにファイルをコピーした環境で快適にYShellが動作するようになりました。

ghs4gj room

YShell環境にはアーカイバやISHがあるようなので、バイナリーデータをテキストで取り出せそうですが、来夢来人にはシリアルポートが無いので取り出せない・・・・・

なんとかシリアルポートを増設したいところ・・・・・

TERMは削られていたとしても。COM OPENはサポートされていると思うので、$FFC4~$FFC5にACIAを置いてシリアルが増設できればなんとかなりそうだが、ダメならハードルが高そうな感じ^^;;;

ちょっと調べてみよう。

PSG増設は容易ではなさそう・・・

メモリ増設も目途が立ったので、次のターゲットであるPSGについて考えてみました。

以前、別のマイコン用に作ったPIA基板をS1用のレジスタアドレスに変更して実験開始。

たぶんダメだろうと予想し、取り付けてみたところ予想通りのNG

ghs4gj room
なぜダメなのかと言うと、この有名なGI社PSGはアドレスバスとデータバスがマルチプレクスになっていてレジスタ選択用の信号に細工が必要になるそうで、使いにくいと紹介されている。

ヤマハのFM音源チップ等はレジスタ選択用の信号があるのでCS#を作ってR/W#で操作してあげればそのまま使用できそうだがAY-3-8910はそうはいかなさそう。

S1の回路図を見たときすぐに増設できそうと思ったものの、よく調べてみるとカスタムチップのYGM003がBDIRとBC1の信号を作っているからであって、増設する場合はそうもいきそうにない。

AY-3-8910のデータシートによると

BDIRとBC1が同時にHでアドレスラッチ→レジスタ選択

BDIRのみHがデータ書き込み

来夢来人内蔵のAY-3-8913の信号を見ると、たしかにYGM003ではアドレスラッチとデータ書き込み処理をやっていた。 続きを読む PSG増設は容易ではなさそう・・・