kabekin のすべての投稿

VSCodeのターミナルをCygwinのターミナルにする

VSCodeエディタのターミナルをCygwin用に切り替えることができました
これでS1やレベル3, FM7の開発環境がVSCodeエディタ内で完結できます。

VSCodeのターミナルは色々な環境に切り替えてオープンすることができるようです。

ターミナルを開くときの「+」ボタンにある「V」でどのターミナルを開くか選択できました。
こちらで「Cygwin」を選んでターミナルを開くと選択したターミナルが開きます。


続きを読む VSCodeのターミナルをCygwinのターミナルにする

Cygwinのクロス環境を64ビット版にしてみる

S1やFMの開発に使ってるCygwin+GCC環境ですが、64ビット版Cygwinに置き換えできないか確認しています

順調に動いていた6809とZ80用のGCC環境ですが、H8マイコンのGCCを追加したりしていると、
調子が悪くなってしまいました・・・

バックアップしていたファイルを戻したり、色々やってもどうにも調子が悪いのでもう一度作り直そうと思います^^

せっかくなので最新版のCygwinで環境を作り64ビット版でいけないか試してみるのも目的です

6809/Z80用のクロス環境で動作させたいのは以前ダウンロードした
gcc6809-3.4.6-cygwin-CoCo-20071007-bin.tar.gz
z88dk-src-v199A-RC.tgz
です
こちらが64ビット版Cygwinで動作しないか確認してみます
gcc6809もz88dkも新しいバージョンが出ているので、追々こちらも試したいところ・・・

と、いうわけでWindows10 64ビット版へのCygwin64ビット版インストールの記録をメモ 続きを読む Cygwinのクロス環境を64ビット版にしてみる

Visual Studio Codeで趣味の開発環境を刷新してみる

最近はMicrosoft のVSCodeが流行っているようなので、私も6809とZ80の開発環境にVSCodeを入れてみました

PythonとJupyter Notebookも気になるので合わせてセッティングします

これまではお気に入りの秀丸エディタ一本でやっていたのですが、VScodeのコード補完やラベル&ファイル
ジャンプは統合環境っぽくてエディタとしては強力です。
強者だと秀丸エディタでも再現できると思いますが私にはできないので、VScodeに移行です・・・^^;;;

アセンブラやコンパイラはGCCのLinux用でCygwin下にあるので、今のところVSCodeから直接ビルドは
できませんが、方法はありそうです。

ダウンロード
https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/
からダウンロード

インストーラは日本語版だったがインストールされたVSCodeは英語版だった
→起動したVSCodeの右下部分に「表示言語を日本語に変更する場合は言語パックをインストールします」とあり
「インストールして再起動 (Install and Restart」ボタンがあるので押してみる
日本語のエクステンションがインストールされて再起動された→日本語OK
外観の選択→ハイコントラストが好き 続きを読む Visual Studio Codeで趣味の開発環境を刷新してみる

XPortのシリアル変換基板を作る

XPort用のシリアル変換基板を作りました

シリアルポートはクロス用とストレート用に2本用意

電源とRS232Cのレベルコンバータを付けただけでイーサネットーシリアル変換できるとは凄すぎます^^

XPortの電源は3.3VなのでMAX232の5V系と2系統必要です 続きを読む XPortのシリアル変換基板を作る

XPortの設定メモ (03R)

最近イーサネットソケットからRS232C機器を制御することが増えてきたので机上デバッグ用にXPortで
工業用のデバイスサーバの代替えができないか調べています^^;;

手持ちのXPortは03Rと01Rなので03Rの情報を中心に調べてみます。

ピンアサインとソケット⇔COM設定だけ何とかなればいけそうな感じなので、COMポート設定の詳細を収集・・・

ピンサイン

基板裏面から

基板裏面から
1 = GND
2 =VCC(3.3V)←コレ注意
3 = #RESET(内部プルアップあり)
4 = DATA OUT
5 = DATA IN
6 = CP1(ハードフロー時はCTSに接続)
7 = CP2
8 = CP3(ハードフロー時はDTRに接続)

 

 

 

 

 

 

 

 

ログイン方法

RS232Cから接続する場合
COMポートに9600bpsでパラメータ=N81Nでターミナルを接続
ターミナルからxを連続で送信しながらXPortの電源オン(リセット実行)
Setup Modeに入るのでここから設定実施

Telnetで接続する場合
ポート番号9999でTelnet接続する

Webブラウザで設定する場合
ポート番号80でブラウザからXPortのIPアドレスに接続する
デフォルトではユーザ名とパスワードは空欄でログインOK 続きを読む XPortの設定メモ (03R)