タグ別アーカイブ: FLEX9

FLEX9の話題

ラインバッファポインタ「$CC14」で躓く ^^;;;

FLEX上でのアスキーファイルのやり取りができるツールをリモート側で全て操作できるように、改造中のこと・・・・

ファイル名を通信回線からラインバッファにセットしFCBに渡そうとしたところ、ファイル名をうまく受け取ってくれません。
そこで、仕組みはそのままにINBUFFでキーボードからファイル名を入力してみると正常に動作します。

メモリ内容を直接確認してみると通信回線からラインバッファへのセットはうまくいっている様子。

どうやらファイル名をFCBに渡すためにGETFILを呼ぶ場合、ラインバッファポインタに先頭の文字位置を渡さなければいけないようで、色々調べると原因が見えてきました。

ラインバッファポインタは2バイトあるようですが、メモリ内容を観察してみると
私のFM-7では上位バイトは$C0固定
下位バイトは$80を先頭にデリミタまでの文字数が入っているようです。

通信回線から入力したファイル名はラインバッファの先頭からセットしているので$80で渡してみると動作ok
なぜ$80なのか、上位は$C0固定なのか、色々不明ですがとりあえずやりたいことはできそうです。

恐らく次回も躓くのでちとメモ・・・

とりあえず使えるものが完成
DSC09551
端末側からコマンドでアップロード、ダウンロード操作が可能なので使いやすくなったような気はするのですが、使ってみると不満も多い^^;;;

ラインバッファへのバックスペース処理やファイルエラー時の処理、ファイル一覧表示なども欲しいし・・・・

しかし優先順位としてはACIA対応かな^^;;;;

ACIAに変更して送信までおk ^^

星光電子 タイプEユニットのACIA1及び2のI/Oアドレスを教えて頂きましたので、8251A用に書いていた通信関係の部分を6850用に変更してみました。

タイプEユニット側のGND配線を少し弄って、RS232CケーブルはMB22406のケーブルをそのまま使用しています。

送信の処理は特に問題なく快調に動作します。

DSC09547

問題は受信関係で、こちらは8251Aのときと同じ仕組みで移植したつもりなのですがいまいちうまくいきません。

1バイト毎にRTSをオン/オフして、8251Aと同じように処理しているはずなのですが、ディスクに保存が始まると送信側でエラーが発生してアップロードが停止します。

思いっきりボーレートを落として確認してみると、保存が始まってもRTSをオンしているようで、8251とはタイミングが違うようです。

続きを読む ACIAに変更して送信までおk ^^

FLEX上でディスク編集可能に^^

先日のRTC時間自動設定実験ではFLEXのFD内部を弄るツールとしてS1用のディスクダンプエディタを使っていたのですが、
情報を頂き、FLEX上でもディスクダンプが弄れるようになりました^^

DSC09427

S1 DISKBASICに入っているユーティリティのダンプエディタですが、非常に使いやすく重宝しています。
但し、マイブームがFLEXになってしまったので来夢来人は棚にしまっており、ディスク編集の度に仮置きして使っております。

私はFM-7用のFDダンプエディタを持っていなかったのでF-BASIC上でもFD編集はできなかったのですが 続きを読む FLEX上でディスク編集可能に^^

【FM-7】TYPE EユニットRTCを自動設定可能になりました^^

FM-7のFLEX環境で星光電子のTYPE EユニットのRTCの自動セット作戦が完了しました^^

FLEX.SYSのバイナリを書き換えてコールドスタートの時刻設定部分をスキップさせて、STARTUP.TXTでタイプEから日付を読み取るプログラムをスタートアップ起動させています。

バイナリを弄っているFLEXであることを識別するため、スタートアップメッセージも変更してみました^^
DSC09413

前回作ったタイプEのHD146818からカレンダを読み出すプログラムも改良し、TYPE-Eが接続されていないときはカレンダをFLEXのメモリに転送しないようにしています。
続きを読む 【FM-7】TYPE EユニットRTCを自動設定可能になりました^^

【FM-7】FLEXの作業用FDが壊れた^^;;;

漢字出力の実験をするために壊れかけたFM-NEW7を無理やり使っていたところFLEXの作業用FDが壊れてしまったようです。

DSC09326

ディレクトリ情報やFAT情報がおかしくなっているのか「Disk Error #9」が出て保存や読み出しができなくなってしまいました^^;;
続きを読む 【FM-7】FLEXの作業用FDが壊れた^^;;;