「6809機」タグアーカイブ

6809MPUの話題

FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

FM-7用に3.5インチFDDをファミコンのディスクシステムHVC-022の筐体に入れてみました。
ステップダブラー基板を入れてPC-AT用のデッキ(TEAC FD-235HG)を入れます。


今回使ったデッキは私が初めて使ったDOS/V機のIBM model2408から外して保管しておいたデッキで、
青いイジェクトボタン仕様。これはカッコいいです^^

当時DOS/V互換機も色々で回っていましたが、青イジェクトボタン機はIBMマシーンということで、なんとなく
優越感がありました・・・


ファミコンディスクシステムの筐体を加工していきます。

前面のパネルはプラスチック製で簡単に加工できます。

続きを読む FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

FM7用ステップ信号2倍化基板の製作

6809 / 6800とFLEXのOld68funさんからFM7用のステップ信号2倍化回路の基板を譲って頂きましたので、
早速作って遊んでみました。

PICのICソケットは不要と気付いていながらICソケットを取り付けてしまい
8Pソケットを1個無駄にしてしまいました・・^^;;; 続きを読む FM7用ステップ信号2倍化基板の製作

avrdude.exeでATtiny85にソフトを書込んでみる

yuyamaさんに教えていただいたavrdude.exeでATtiny85にソフト書込みをしてみました。

ArduinoIDEを使いArduinoUNO経由でATtiny85の書込みは成功しているのでLチカのソフトを使い
avrdudeに渡す引数を見てみました

転送したいhexファイル名を-Uflash:w:ファイル名.hex:i で指定するようです。
ツール名が stk500v1 になっているようですが、ArduinoIDEからの引数はstk500vなのでそのままいきます

作業フォルダにavrdude.exeとavrdude.conf、 HEXファイルをコピーして、Atmel Studio7でビルドした
FDDステップ2倍化のhexファイルをWindows10のコマンドプロンプトから書込みました。

実行結果は 続きを読む avrdude.exeでATtiny85にソフトを書込んでみる

FM-77用拡張ユニットをケースに収める作戦 その14^^

LEDドライバと電源を載せた基板はスペースの関係でACコネクタの下側に重なってしまいました。

ACコネクタのACラインに接触しないように、基板を固定するスペーサを短くする必要があります。

万が一、ACラインがシャーシに落ちると危ないので絶縁のスペーサが良さそうです。

探してみると秋月に5mmの樹脂スペーサーがありましたので、これを使います。 続きを読む FM-77用拡張ユニットをケースに収める作戦 その14^^

FM-77用拡張ユニットをケースに収める作戦 その13^^

LM317の可変電圧電源の配線を失敗してしまったので修理します^^;;

部品を全部剥がして再配線するにはユニバーサル基板のランドが持たないと思われるので、
LM317の足を切って手直ししました^^;;

まずは、放熱板を取り外します

横からニッパを突っ込んで2番ピンと3番ピンを切断して半田メッキ・・・ 続きを読む FM-77用拡張ユニットをケースに収める作戦 その13^^