タグ別アーカイブ: 6BM8関連

6BM8系真空管の話題

収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN S82U trop パワーアンプ

今回ご紹介するのはテレフンケンの6BM8使用パワーアンプ S82の変形版? S82U tropです。

普通のS82と何が違うのかはよくわかりませんがS82U tropと書かれています。
ghs4gj room

銘板 Type S82U trop.となっています。
ghs4gj room

操作部 左から、音量VR、音質SW、入力切替SW、電源SW、バランスVRとこの辺はS82と変わらない模様ghs4gj room

背面
ghs4gj room

内部の様子 全体の部品構成はほとんど変わらない印象。

入手時から一部の部品が交換されている状態。中国製の安い電解コンデンサが使われていたのは不満。

今度国産モノに交換したいところ。
ghs4gj room

S82やS82Skaと違う部分として、電源トランスが全体的にシールドされているようです。
ghs4gj room

電源部以外もコンデンサ類は部品が交換されています。

こちらは中国製の部品は使用されていない模様・・・ 抵抗類はオリジナルを保っている様子
ghs4gj room

こうしてみると半分以上部品が交換されてますね。まぁS/Nの為なら仕方ないかな~
ghs4gj room

バランスのVR。 これは特に必要ないかも・・・・
ghs4gj room

まぁ、ECL82/6BM8ファンとしては持っていても損はないアンプです。 (*^_^*)

 

コレクション インデックスへ 

 

収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN S82Ska パワーアンプ

今回ご紹介するのはテレフンケンの6BM8使用パワーアンプ S82の変形版? S82Skaです。

普通のS82と何が違うのかはよくわかりませんがS82Skaと書かれています。
ghs4gj room

銘板 Type:S82Skaと書かれています
ghs4gj room

操作部 左から、音量VR、音質SW、入力切替SW,、電源SW、バランスVR です。
ghs4gj room

背面 スピーカー用がDIN3P、入力がDIN4Pと使いにくいコネクタ群
ghs4gj room

内部の様子。

内部の部品、真空管共にオリジナルを保っているようです。

コンデンサ類も古いままですがS/Nはそれほど悪くなっていません。
ghs4gj room

操作部分のスイッチ。
ghs4gj room

テレフンケンの真空管が搭載されています。見たところ使用頻度も少なさそう。
ghs4gj room

アンプ部の配線と、音量VRの紐。

抵抗類の焼けも無く、コンデンサの液漏れも見当たりません。

この手のS81~S82アンプで思うこと。音量VRは少し奥まったところに配置されて全面のツマミから紐でカップリングされているのですがこの紐が切れている物を見たことがありません。

古いのに優秀です。
ghs4gj room
アンプ部の様子。コンデンサ類はERO。

以前持っていたS81はSIEMENS製でした。

ghs4gj room

こちらのS82Skaはオリジナルの部品で構成されていますが、今のところS/Nも良く順調に動作します。

静かにRS1等のミッドハイレンジSPと組み合わせて使用したいアンプです。

 

コレクション インデックスへ 

 

収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN S82 パワーアンプ

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのはテレフンケンのS81オーディオパワーアンプです。

2005年頃 eBayでドイツから購入したS82です。

外形のサイズはS81と同じです。S81とは操作スイッチの機能とバランスVRが違います。
ghs4gj room (湘南/広島)

S82のコントロール部

右側のパイロットランプがバランスVRになっています。
ghs4gj room (湘南/広島)

背面

スピーカーコネクタがDIN3Pになっており少し使いにくくなっていますが、テープ入力のみDIN5Pになっており、こちらは使いやすい。
ghs4gj room (湘南/広島)

内部

改造されていないオリジナルの状態を保っています。
ghs4gj room (湘南/広島)

電源トランスはS81とほぼ同じに見えます。
ghs4gj room (湘南/広島)

音量VRの機構もS81と変わらず糸巻き式。VRもタップ付きの特殊なもの。
ghs4gj room (湘南/広島)

アンプ部

OPTやその他の部品S81と変わりなく見えます。
ghs4gj room (湘南/広島)

真空管はテレフンケンのオリジナルが入っていました。
ghs4gj room (湘南/広島)

入力部

ラジオ、テープ、フォノ入力の3系統があります。
ghs4gj room (湘南/広島)

S82の銘板
ghs4gj room (湘南/広島)

音質もS81と特に変わらず、高域が弱いイメージ。

Hifi化改造もいいですが、この手のビンテージアンプはオリジナル性の方が大切。

 

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)

収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN S81 パワーアンプ

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのはテレフンケンのS81オーディオパワーアンプです。

2005年頃 eBayでドイツから購入したS81です。錆が少なめでキレイなアンプです。
ghs4gj room (湘南/広島)

音量、入力切替、音質、電源スイッチ、パイロットランプがあります。真鍮ベースのテレフンケンマークがカッコいい
ghs4gj room (湘南/広島)
音質調整はコンデンサと抵抗で作られたトーンコンだと思いますが、数台入手してもまともに動作するS81はありませんでした。

コンデンサの劣化等かもしれません。

STEREOマークがカッコいい!!
ghs4gj room (湘南/広島)

背面

スピーカーコネクタはバナナプラグ、入力はDIN3Pコネクタです。

X-TALフォノ入力とテープ入力の2種類
ghs4gj room (湘南/広島)
スピーカ側はバナナプラグで使いやすい

内部の写真。

AEGマークの電解コンデンサが反対向きに付いているのが残念。
ghs4gj room (湘南/広島)

AEGマークが下向きのS81       AEGマークが上向きのS81
ghs4gj room (湘南/広島)  ghs4gj room (湘南/広島)

電源トランス
ghs4gj room (湘南/広島)
音量ボリュームは糸巻き式、タップ付きのVRは代替品が難しい

ghs4gj room (湘南/広島)

アンプ部と出力トランス。

出力トランスも特殊タップ付きで代替品が難しい。
ghs4gj room (湘南/広島)

このアンプは真空管が交換されているらしくBlackburn MullardのECL82が入っていました

ghs4gj room (湘南/広島)

電源電圧切替は100V系と200V系で全世界OKです。
ghs4gj room (湘南/広島)

S81の銘板 150Vはどこの国なんだろう・・・
ghs4gj room (湘南/広島)

音質は一般的な6BM8シングルアンプと同様な感じ。

しかし、高音の伸びは悪くエレキットのTU-870の方が上だと感じます。

外国のWebでS81のHifi化をしているサイトのメモ

http://www.tube-classics.de/TC/GermanTubeHifi/Integamps/Telefunken%20S81/S81.htm

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)

偽物のMullard 6BM8とは??

偽物のMullard 6BM8とは??


ヤフオクで面白い物を探しているときにムラードの6BM8が出品されているのを見かけた。

その出品ページを見てみると偽ブランド申請があったとのコメントが追記されていました。

私もこの出品と同じと思われる6BM8を持っていますが、偽物ではない気がしています。

私の持っている6BM8は1974年4月にムラードのWhyteleafe工場で生産されたというエッチングコードが付いていました。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

MADE IN ENGLANDの表記があります。Whyteleafe工場もイギリスにあるようです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

比較的新しいタイプのMullardなのでロゴマークが新しいシールドマークの元箱になっています。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

時々、ヤフオクで見かけるこの手の新しい6BM8ですが、Blackburn工場製ではないという理由で偽物扱いされるのか、箱は新ロゴで真空管本体は旧シールドがプリントされているのが怪しまれているのか不明ですが、偽物と感じている人が多いようです。

ebayでよく使っているイギリスのtubeショップの人に質問をしたことがあります。

ムラード社6BM8の場合、旧シールドロゴの白ラベル、黄ラベル、新シールド白ラベルがあるそうです。

その時のメールを要約すると
・黄色ラベルはある時期に生産された物のみでBlackBurn工場製しか見かけたことがない。
・旧ロゴの白ラベルはBlackburn工場以外にもドイツ等からOEMを受けた6BM8等も見かける。
・旧ロゴの白ラベルはBlackburn工場が多いがそれ以外のムラード製も見かける。
・新ロゴの白ラベルはBlackburn工場が多いがそれ以外のムラード製も見かける。
・オーストラリアンムラードはオーストラリア製で旧白ロゴをプリントした物が多いが詳細は分からない

みたいな感じでした。

私が入手したMullard製のこの手の6BM8はどれもエッチングコードが不明確なのは気になるところです。

4本入手し、まともに読めた物はありません。よーく見てWhyteleafe工場ではなかろうかという程度ではあります。

しかし私はWhyteleafe工場製であると信じてます(^^)

ヤフオクではMullardでBlackBurn工場製以外は偽物申告されたり、TELEFUNKENでRFTやEI製を偽物申告されたりしますが、これは偽物ではなくOEMを受けた各メーカが出荷した物だと思われるので本物でしょう。

偽物というのは、少し前によく見かけたロシア製EL34に誰かがTELEFUNKENのマークを付けて売っていた真空管のような物を指すのだと思います。

真空管の歴史・読み物はこちらからそうど → 【真空管 歴史】