「ブログ」カテゴリーアーカイブ

堺のホテルでi-dioを受信してみる^^

最近入手したi-dioのWIFI受信機を持ってきました。

可部では電波が弱くて受信できませんが、堺では強力に入感しメリット5です^^

宿泊中の部屋は7階なので障害物もなく付属のロッドアンテナで十分・・

電波状況の画面はこんな感じです

窓側に置いて受信中^^

中古で入手したせいか、バッテリの減りが早いような気が・・・ 続きを読む 堺のホテルでi-dioを受信してみる^^

S1-CP/M80 移植作戦 その19 BIOSの作成3^^

今回のCP/M80のCBIOSはBIOS09とBIOS80のデータ受け渡しをコマンドとステータスで行う予定なので
仕様をまとめておきます。
作成しながら、このページを更新して情報をまとめていきたいと思います^^

■BIOS80→BIOS09のコマンド
CMDNo 2
コマンド名 CONST
データ構成 要求 リターン
レジスタ CMDNO=2 DATAREG=入力状態(00=データ無し,$FF=データあり)
IOSTAT=$80 IOSTAT=$40
DATAREG=N/A CMDNO=N/A
処理内容
BIOS09内のキー入力変数の値の有無を調べて返す
値あり = $FF
値なし = $00
BIOS80に処理を戻すときにCMDNOとDATAREGをクリアする
備考
将来的にはDATAREGに機器番号を渡して入力を切替えできるようにする
[BIOS80]コンソール ステータス(A←0xFF/0x00)
[BIOS80]”CON:”に割当て中のデバイスのステータスをチェック
CMDNo 3
コマンド名 CONIN
データ構成 要求 リターン
レジスタ CMDNO=3 DATAREG=入力文字(ASCIIコード)
IOSTAT=$80 IOSTAT=$40
DATAREG=N/A CMDNO=N/A
処理内容
BIOS09内のキー入力変数に値の値を返す
BIOS80にデータを渡したらBIOS09内の変数をクリア (CONSTVAL, CONINVAL)
BIOS80に処理を戻すときにCMDNOとDATAREGをクリアする
備考
将来的にはDATAREGに機器番号を渡して入力を切替えできるようにする
現在の”CON:”に割当て中のデバイスから1文字入力しアスキーコードをAレジスタにセットしてリターン
ANKの場合最上位ビットは0でなくてもOK
[BIOS80]コンソール インプット(A←入力キャラクタ)

続きを読む S1-CP/M80 移植作戦 その19 BIOSの作成3^^

IODATA 4K LCD EX-LD4K431DBを購入^^

4Kディスプレイが欲しくなり、いろいろ調べていたところ、

ポイント還元を含めると31型も43型もそんなに価格が変わらないことを発見!

EX-LD4K431DBは型落ちということもありポイント還元が多かったのかも・・・

結局43型を購入^^

到着して作業机に設置すると思ったより大きい!
机の上に置いて作業するには大きすぎたかも・・・
(横においてあるのは22型ワイド)

Windows10で4K表示をさせるとFHD 4枚分でものすごい表示量ですばらしいですが、もっと素晴らしいことが・・・

それは 続きを読む IODATA 4K LCD EX-LD4K431DBを購入^^

【S1】来夢来人でZ80Bカードのテスト その1^^

自宅に来夢来人を持ち込んでZ80Bカードを取り付けてみました
CP/M80がある程度動作するようになるまでS1/10はお休みにします・・・

このZ80カードは拡張RAMのエリアしかアクセスできないので拡張RAMを取り付け^^
手前のスロットに日立純正のMPC-RA64Sを取り付けています

動作している目安としてZ80Bに供給されているクロックを見てみました 続きを読む 【S1】来夢来人でZ80Bカードのテスト その1^^