ThinkPad パーティション削除

■ThinkPadのSERVICEV001パーティション削除

ThinkPadから取出したHDDを別で利用するためにフォーマットしようとしたところ、
DtoD領域かと思われるSERVICEV001というパーティションがそのままでは消せないので操作するための手順をメモります。


ThinkPadから取出したHDDには「SERVICEV001」というパーティションがあります。

ここをWindowsXPの管理ツールにある「コンピュータの管理」で削除しようとしても
特殊なパーティションらしく削除できません。

取出したHDDはUSB接続で接続しディスク1として認識されています。ghs4gj room [ALL IS VANITY]

このパーティションはコマンドラインの「DISKPART」で操作できるようです。

コマンドライン画面からDISKPART[ENT]でユーティリティを起動しますghs4gj room [ALL IS VANITY]

DISKPART>でコマンド入力待ちになるので

LIST DISK[ENT]で接続されているHDDを確認

操作するHDDを確認したらSELECT DISK n でHDDを切り替える
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ディスクの切り替えが完了したら

LIST PARTITION[ENT]で選択中のHDDのパーティション一覧を確認

ディスクを間違えていないこととパーティションを確認したらCLEAN[ENT]でディスク内情報を消去します。ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ディスク内情報を削除するとコンピュータの管理画面では

エラーのようなマークがつきます
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

パーティションが削除されてひとつの領域になっていることを確認してプライマリーパーティションを作成

CREATE PARTITION PRIMARY[ENT]でプライマリパーティションが作成できるようですghs4gj room [ALL IS VANITY]

パーティションが作成されたらコンピュータの管理画面でフォーマットしますghs4gj room [ALL IS VANITY]

WindowsXPにFDISKが無いと思っていたらDISKPARTコマンドになってたんですね