Pentium3 1BGHz → Celeron 700MHzへ ダウングレード

どうしようもない東京電力に儲けさせる訳にはいかないので、ちと省電力化してみる

24時間稼働させているsquidのプロキシサーバを省電力化改造することに

使ってるのは東芝のEQUIUM5020 PentiumIIIの1BGHzです。ghs4gj room

もともとは800MHzの機種ですが改造して1000MHzに改造してました。

SquidをWinXPで動かすにはCeleron700MHz程度でよさそうなので、先日分解したSOTEC Afina Styleから取り出したCeleron700MHzに交換してみます。ghs4gj room

最大電力ではPentium3 1000MHz/133MHzは29W Celeron700MHz/60MHzでは18.6Wということで、
少し省電力化ができそう。

ディップスイッチの確認をするとベースクロックの設定は66/100/133とSoket370では使いやすいM/Bです。ghs4gj room
デフォルトは100Mc → 1GHzにしたときに133Mcにしたので、今回は66Mcに変更

問題なく、無事に認識されました(*^_^*)
ghs4gj room

ライザーカードには何も増設していない上、終端抵抗のような物が複数あるので、ライザーも外すghs4gj room

CD-ROM/FDDの接続を外し、ライザーを外し、CPUをCeleron700MHzに・・・・

主記憶も減らせば省電力化できそうですが、これは処理の重さが追い付かなくなるので却下。

これで一段と低電力マシンになりました。(*^_^*)

IntelCPUメモ ftp://download.intel.com/jp/support/processors/spec/Processors_Spec_Table.pdf
TDPメモ http://www5b.biglobe.ne.jp/~oh_lavie/cpu/cpu_2.htm

JW_CAD操作メモ

今年からは、これまで学生の頃から使っていたCANDYシリーズのCADから世間一般で役立ちそうなJW-CADに変更しようと考え中・・・・

CANDYシリーズは5年くらい前にから新しいシリーズが出なくなってしまったので、今となってはJW-CADの方が高性能かな

SOHOとしても応用が利いた方がいい訳で、JW-CADを操作できるように頑張ります(^^)

CADの機能はCANDYもJWCADも変わらなさそうなので、操作方法で必要最小限の使い方をマスターし慣れるのがいいかもしれないという訳でJW-CADについてまとめてみます。

●JW-CADダウンロード
http://www.jwcad.net/

●詳細な操作方法は詳しく書いていらっしゃる方のサイトを参考にさせてもらいます。
http://dore.syoutikubai.com/
http://www.orange.ne.jp/~nagura/jww/jww-cad2/jw_win/jw_win00.htm
http://sakuzu.morikei.net/index.html

JW-CAD操作方法 メモ (これだけ知っていれば作図可かと・・・^^)


■画面表示

拡大 – 作図ウィンドウで左右ボタン両押しで右下方向へドラッグ。
縮小 – 作図ウィンドウで左右ボタン両押しで左上方向へドラッグ。
全画面表示 – 作図ウィンドウで左右ボタン両押しで右上方向へドラッグ。
前の倍率に戻す – 作図ウィンドウで左右ボタン両押しで左下方向へドラッグ。
クリックした位置を中心にする – 作図ウィンドウで左右ボタン両押しでクリック
CTRL+マウスのセンタホイールで拡大縮小表示
カーソルキーで画面移動、拡大(PgUp)縮小(PgDn)表示は設定後使用可能。

■レイヤ
レイヤは0~Fの16層ある。
レイヤは0~Fの16グループに所属させることが可能(グループは異なる縮尺でもOK)
一つのレイヤグループに16個のレイヤがあるので最大で16グループ*16層で256レイヤある。
レイヤ状態は4種類[書込可][編集可][表示のみ][表示しない]
レイヤパネルには上記4種類の状態に加え、該当レイヤのデータ有無表示有
○=レイヤ □=レイヤグループ 数字が消えたら非表示、○□が消えたら無効出たら有効、赤いマークが出たらデータあり、○□が赤い時はカレントレイヤ、/(ctrl)や×(shift+ctrl)はプロテクトレイヤ(変更不可)
カレントレイヤの切り替えは右クリック。有効無効、表示非表示の切り替えは左クリック。
右下のステータスバーに[0-0]のように[グループ-レイヤ]で表示される
レイヤの変更方法
①変更したい図形や線を選択し書込みレイヤを指定する
②コントロールバーの[属性変更]でダイアログを表示し[書込みレイヤに変更]をチェックしOK

■設定
作図ウィンドウにドットを表示
-「 設定(S)」-「軸角・目盛・オフセット」から目盛欄をチェック
縮尺設定 – 画面右下のS=縮尺をクリックし縮尺を設定。
用紙枠表示 – 「設定(S)」-「基本設定」-「一般(1)タブ」の「用紙枠を表示する」にチェック
クロスラインカーソル – 「設定(S)」-「基本設定」-「一般(1)タブ」の「クロスラインカーソルを使う」にチェック
背景色を変更 – 「設定(S)」-「基本設定」-「色・画面タブ」の「色彩の初期化」で「背景色:白」~「背景色深緑」
拡大縮小移動設定 – 「設定(S)」-「基本設定」-「一般(2)タブ」の「矢印で移動PageUP/Downで拡大縮小Homeで全体」にチェック。移動量は少なめの方が使いやすいので「移動率」を「0.1」に「拡大率」を「1.1」に設定
自分流の設定で初期化 – 「設定(S)」-「基本設定」-「一般(1)タブ」の「新規ファイルのとき・・・環境ファイルを再読み込み」にチェック

■編集
メニューバーの[作図(D)]メニュー又はツールバーからやりたいことを選び作図ウィンドウでクリックして開始
左クリックは任意の点、右クリックは交点や目盛上の点を読み取りしたきりのいい点。
一つ戻るにはctrl+Z又はESCで戻れる様子。(UnDo=CTRL+Z, ReDo=CTRL+Y)
「線」「矩形」「円弧」 - 作図ウィンドウでクリックし始点を選択、再度クリックで終点を決定。各機能はコントロールバー
線の長さ等オブジェクトの大きさはステータスバー左下に表示あり
「文字」 – 文字入力画面に文字を入力し目的の位置でクリックし文字入力画面に文字を入力後クリックして決定。 作図ウィンドウ上の文字をクリックすると文字入力画面に取り込める。
 文字サイズ「範囲」で文字を選択し「属性変更」でダイアログを出し「書込み【文字種類】に変更」にチェックしサイズを変更。「OK」で確定
「寸法」 – レイヤの縮尺を元に作図されている寸法を書く。 寸法を書きたい所にクリックで引出し線の位置を指定、次に寸法線の位置をクリックで指定、寸法の始点を左クリックで指定、寸法の終点を右又は左クリックで指定
「連続線」 – クリックした終点を始点とした連続線を書く。終了は終了位置でもう一度クリック。解除はENTER
「回転」 – 「編集(E)」-「範囲選択」で目的の図形を選択(基準点はここで変更可能)し、編集1ツールボックスから「移動」又は「複写」を選択。コントロールバーで回転角を指定
「範囲」 – 図形や線を選択する。選択方法は2種類で「範囲で指定」「個別で指定」
 選択コマンド解除はもう一度[範囲]を選択。範囲指定の場合編集可の全てのレイヤで図形や線が選択されるので、選択したくない物は非表示にすると便利
「消去」「複写」「移動」 – 作図ウィンドウで「範囲」コマンドで図形を選択し、「複写」「移動」コマンドで実行。解除は「範囲」コマンドを押すと解除できる模様。
範囲選択は左クリックで始点を指定後、終点を指定する際→左クリックで図形、右クリックで図形と文字が選択される。
[複線]=並行線作成。 [コーナ]=未接合の2本の線に接合部作成。 [面取]=角の面取り
「ブロック化」 – 複数の図形や線を一つのブロックとして扱えるようにまとめる。
ブロック化したい図形や線を選択し、[編集]-[ブロック化]を選択。元のレイヤを優先するをチェックしない場合、現在書込みレイヤになっているレイヤにブロック化される。
ブロック化された図形のレイヤを元のレイヤのままにしたい場合[ブロック属性]で[元のレイヤを優先する]で後から変更OK
ブロック化の解除はブロックを選択して[ブロック解除]

図形登録(パーツ登録)
「その他(A)」-「図形登録(W)」-「左クリックで図形の始点を選択」-「左クリックで図形の終点を選択」-図形が選択される-「基準点変更」を押す-「左クリックで基準点変更」-「選択確定」を押す-「図形登録」を押す-「ファイル選択」画面で「新規」から保存する
図形の回転
「複写」又は「移動」時に回転を使う
線の太さ
「設定(S)」-「基本設定(S)」の「色・画面タブ」で目的の色と線幅の線色をカスタマイズする。
ex) バス用に太い線がほしいとき、「線色8」を白色で線幅3にするとか。
(プリンタ出力要素も変更が必要=バスラインだと線幅10くらいでもよさそう)

■その他
用紙方法で縦設定は存在しない。
 →補助線等で縦置きの範囲を作りその線を参考に縦の図面を書き、印刷時に角度0、用紙縦設定で印刷する

とりあえずこれだけ覚えればJWCADで図面は書けそうです。

このページの情報はネットで調べた情報です。
正しい情報はこちらからどうぞ → 【JW-CAD情報】

 

SSDを交換して作業効率アップ!

メインで使っている開発PCのSSD残量が殆どなくなってきた。

64GBをWindows7で使っているので当たり前といえば当たり前・・・・

VMPlayerのイメージサイズが増加しSSDの残量が無くなるとイメージが壊れてしまった。

環境の復旧に数時間を要し納期ぎりぎりになる始末 (泣

それ以降、外部のUSB-HDDにイメージを入れて仮想で使うという速度無視の環境で開発していたが、遅かったり、ちょっと移動して打合せしするとき外部HDDが邪魔だったりとスマートではない。

これは本体のSSDを増やすしかないということで、最近安くなってきた120GB SSDに交換してみました。

これまで使っていたのはIODATA(TOSHIBA)のSSDN-ST64H、
交換したのはコストパフォーマンスの良いADATAのAS510S3-120GMghs4gj room

各SSDの印象は

IODATA SSDN-ST64Hは高速タイプだったので、それなりに早くて満足感はあった。

ADATAのS510はアルミのヘアライン仕上げに黒い塗装で高級感がある。

3.5インチ用のマウント金具も附属されていい感じ。

Jobの切れ目で早速交換してみました。

ThinkPad X201sでのベンチマーク結果は

IODATA SSDN-ST64H
ghs4gj room

AS510S3-120GM
ghs4gj room

おっ!

体感速度に効くと言われる4Kランダムアクセスの値が上昇

これは高速化が期待できるかも・・・・・

データの移動はWindows7に標準実装のバックアップと復元機能を使用ghs4gj room

これは使える機能でした。

これまではハードディスク革命BackUpやLB10イメージバックアップを使っていましたが、これらのユーティリティよりもシンプルで失敗が少なさそうな感じです。

●次回の為に手順をメモ

・バックアップ手順

「コントロールパネル」-「バックアップと復元」で「システムイメージの作成」→「バックアップ実行」→「システム修復ディスクの作成(CD-ROM)」でバックアップ終了

・復元手順

HDDを交換後システム修復ディスクから起動→「システム回復オプション」で「以前に作成したシステムイメージを使用してコンピュータを復元します」を選択→「システムイメージバックアップの選択で利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する」を選択して復元。

バックアップを取ったドライブの容量(64GB)で復元されていまったので、交換後の容量120GBを1パーティションとして使用できるようにPartition Wizard Home Edition(フリーソフト)でパーティション変更

http://www.partitionwizard.com/  から download 画面に移動 home版 を入手&インストール

このソフトも直感的に操作ができた。サイズを変更して最後に確定でおk

64GBが120GBになっただけで超快適環境になりました ((*^_^*))

無事戻ってきました・・・

昨日一日爆睡し、夜勤での生活リズムもやっともどってきました。

帰りの行動もいろいろ撮影してきたので、まとめておくことに・・・・

帰りも空港までのタクシーNGとのことで、新幹線で台北に移動。

先週は夜のHSR新竹駅でしたが昼間の新竹駅をぶらぶら

ghs4gj room
ややはり新しいだけあって近代的デザインです。

駅前広場は本当の意味の広場でした。
ghs4gj room

今回は自腹でタクシを利用しHSRの駅まで行きましたが、
すぐ横にあった駅は内湾線の駅だったことが分かり下調べ不足をちょっと後悔。ghs4gj room

ちゃんと調べておけば、こいつで新竹から移動できたのに・・・・・
ghs4gj room

前回は自由席に乗ったので、今回は試しに指定席券を購入。ghs4gj room

ghs4gj room

これに乗って台北に向かいます。
ghs4gj room

台北駅に無事に着いたものの、飛行機の受付時間までまだ2時間程度あり。松山空港では時間がつぶせないと判断し、台北駅周辺で時間をつぶすことに。

台北駅をぶらぶらしてみましたが、特に面白いものは無し・・・

ちょっと外にでてみるとバスセンターを発見。
ghs4gj room

中に入ってみると確かにバスセンタのようです。

ついでなので、新竹行き豪華バスHowtaiBusの切符売り場と乗り場を確認してみることに

切符売り場は1Fの一番端でした。
ghs4gj room

乗り場は3Fの奥側
ghs4gj room

バス乗り場を確認してもまだ時間があるので、デパートスペースに移動しコーヒーを飲みながら時間つぶし・・・
ghs4gj room

コーヒーショップで長時間時間つぶしをするのが苦手な私は数分で店を出る。

まだ時間があるので、台北地下街に行ってみました。

色々なお店がある中、トランジスタやIC、抵抗、電解コンデンサ等ディスクリート系パーツまで揃っているパーツショップを発見。

駅の地下街にこの手の部品屋はうれしいですね。
ghs4gj room
ざっと見まわしたところ、ラジオや簡単なマイコン系の工作用部品は揃ってそうな感じでした。

広島駅の地下街にもこの手の部品屋さんが欲しいところ・・・・

時間もつぶれたので台北松山空港に移動。

出国審査に行く前に、松山空港をぶらぶらしてみると展望台への入り口を発見。早速見学しに行ってみました。
ghs4gj room

屋根なしの屋外展望台でした。
ghs4gj room

まぁ、どの空港も同じような感じの作りです。
ghs4gj room

屋外ですが全面バラス張りでした。
ghs4gj room

帰路も、EVA AIRのエアバスA330-200で帰ります。
ghs4gj room

台北-羽田間のエコノミークラス機内食

帰りは肉料理を選択。

行きは魚料理(蝦春巻き)を選択したが、春巻きではなく蒲鉾だったので帰りは少し学習・・・

またオレンジジュースを頼むと量が少ないがコーラを頼むと少し多めでFBなのも学習・・・ghs4gj room

羽田に到着。

羽田からは久しぶりに藤沢までのリムジンバスを利用。ghs4gj room

この路線も、昔はよく利用していましたがホント久しぶり・・・

国際線のバス乗り場に移動。
ghs4gj room

この路線は京急と江ノ電のバスが走っていると思いますが、今回は京急のバスだった。ghs4gj room

藤沢駅に到着後、東海道線で平塚まで帰る。平塚駅まで行ってくれるバスがあればいいのに・・・・

帰路も楽しい旅でした (*^_^*)

帰国準備中

とりあえず帰国できるところまでデバッグ作業が進んだので、今晩の夜勤後、明日の便で帰国できることに(*^_^*)

ghs4gj room

明日は作業から帰ってきたらそのままホテルをチェックアウトしなければいけないので、今のうちに荷物整理中

今晩の夜勤で致命的なバグが発生しなければいいのだが、この手の不具合は最終日に頻発するのがアノマリー

明日は夜勤明けでそのままフライトなので体力的には大変ですが、気分的には楽になってるはずです・・・・

帰りも空港までタクシーNGなので、台湾新幹線で台北まで行くことにしよう。。。。