FM-7/77用 512KB RAMディスク基板を頂きました^^

FM-7/77の32ピン拡張スロットに装着できる512KBのRAMディスクのプリント基板を頂いたので部品を実装して
使ってみました

2DのFDDやFT-245RLによるWindowsとの2Dイメージ転送ができる優れものです。
SRAMがバッテリバックアップされているので、実機でF-BASICを楽しむにはかなり便利なアイテムです^^

こちらのサイトを参考に作っています。
使い方の詳細はこちらからどうぞ
https://vehwk3yxv7hw.blog.fc2.com/blog-entry-59.html
https://vehwk3yxv7hw.blog.fc2.com/blog-entry-60.html
https://flexonsbd.blogspot.com/2022/02/fm-7512kb-ram.html

頂いた基板はこちら、
以前FM-7シリーズ用に市販されていたRD-512というRAMディスクとI/O互換の回路とのことですが、
こちらはSRAMで構成されているのでモダンな感じです^^


プリント基板なので、はんだ付けも楽々です^^ 続きを読む FM-7/77用 512KB RAMディスク基板を頂きました^^

SONY PDD-150 PC-9801用 2インチデッキの注意点

SONYのPC-9801用2インチデッキ PDD-150ですが、デッキ背面のコネクタ部が思ったより弱いことが
わかりました。

98の置き場所移動のため、PDD-150の背面からコネクタを外そうとした際、ロックが外れていない状態で
少し引っ張ると、コネクタを止めている基板がグラグラになりました。

デッキ背部にあるコネクタはこんな感じ・・・


内部を確認すると、コネクタ基板を固定しているネジがプラスチック製のネジで固定されていました 続きを読む SONY PDD-150 PC-9801用 2インチデッキの注意点

マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その10 (KB入力の1)

ベーシックマスタレベル3でFLEX9を動作させる作戦の続きです。

VRAMへのデータ書込みでROMのルーチンに頼らずCRT表示ができることが確認できたので
ROMルーチンに頼らないKB入力について調べてみました。

どうやらROM内にKBのスキャンコードとASCIIコードの変換テーブルがあり、そのテーブルで変換している
ことが分かったので、テーブル部分の一部を抜き出してKB入力を試してみました

とりあえず、KBスキャンコードからASCIIコードに変換できることは確認できましたが、
CRT出力以上にKB入力は難しそうです・・・^^;;;

ACIAのデータ入力をキーボードからのデータ読込に差替えてみたところ、入力はできますがキースキャンが高速
なのでちょっとキーを押しただけでも大量に取り込んでしまいます^^;;

IRQ割込みでキースキャンコードをASCIIコードに変換して変数に代入、読み出したら変数クリアで次のキーを
入力可にしていますがスキャンが速い・・・ 続きを読む マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その10 (KB入力の1)

ALGYAN 6周年IoT基板の2枚目を活用

ALGYAN の6周年記念のESP32用の基板を2枚頂いていたので2枚目を組み立てました

組み立てたと言っても、今回はI/Oの取り出しのみで、LEDやスイッチなどのデバイスは取り付けていません

右はALGYANのもくもく会で半田付けしたもの^^;;   BZ,LED,SW,サーボ出力はDSPラジオで活躍中

続きを読む ALGYAN 6周年IoT基板の2枚目を活用

マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その9 (CRT出力の1)

ベーシックマスタレベル3でFLEX9を動作させる作戦の続きです。

今回のFLEX9動作環境は64KBの拡張RAMを使っている上にTPAを連続して確保したいので$8000付近にROMとの
バンク切替用のワークが取れないのでROMの機能がうまく使えません

ROMのサブルーチンが上手く使えないのでFLEX9のドライバ内にレベル3のCRT出力とKB入力の機能を実装
したいと思います

64KB拡張RAMで動作しているプログラムからCRT出力するにはVRAMエリアのバンク切換えが必要ですが
レベル3にはVRAMエリアのみバンク切り換えできる機能が用意されていました。

64K拡張RAM使用中のVRAMアクセス切替は$FFE8 で 拡張64KRAM $78 ⇔ $7C VRAMエリア

を切替えることでVRAMエリアを切替できました

試しにACIAに文字出力するところでUレジにVRAMの先頭$400をセットしデータを書いてみました 続きを読む マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その9 (CRT出力の1)