DELL Vostro 3590 のSSD化

スポンサーリンク

DELLのVostro 3590法人モデルを買ったのですがHDDが遅すぎて使い物にならないのでSSDに交換してみました^^

10世代Core-i3を搭載しているのですが、何故だかHDDが激遅でした。

CrucialのMX500シリーズSSDで500GBのCT500MX500SSD1を用意

搭載されていたHDDは東芝のMQ04ABF100の1TB 2.5インチHDDで5400rpmですが、
SATA600仕様なので そんなに遅いとは思っていませんでした。7mmタイプだから遅いのかなぁ^^;;;

交換前のHDDベンチはこんな感じ

書込みが遅い気がしますが、ベンチ的には異常に遅いわけではありません

Windows起動後5分くらいHDDが100%になります。

原因は起動直後のWindowsアップデートチェックとウィルススキャンっぽいですが、起動後5分間のもっさりは
使い物になりません。

起動直後以外でも時々劇遅のもっさりになります。
Vostro 3590のHDDモデルを買った方は同じような感じではないでしょうか・・・(泣

SSDのクローンは フリーの EaseUS Todo Backup Free 13 を使いました
HDDが高負荷のままクローンソフトを起動すると途中でハングしたので注意が必要です。
裏でWindowsUpdateが落ち着くまで待ってからクローンした方が良さそうです
(それ以外は全く問題なく簡単にクローンできました)
USB-SATAはいつものサンワサプライ USB-CVIDE6 を使用
このUSB-CVIDE6、癖が少なくて使いやすいUSB-SATA変換器だと思います。IDEも同時に使える優れものです^^


DELLはサービスマニュアルを公開してくれているので、サービスマニュアルに沿って分解します。

本体後ろ側の中央部分が外れにくいですが、比較的簡単に裏蓋が外れました

HDDはこんな感じで取り付いています (右側にM.2のSSDスロットもありました。)

サービスマニュアルによるとバッテリを外してからHDDを交換する手順になっていますが、HDDを取り外して
その理由が分かりました。

それは、SATAのケーブルが以上に細く(薄く)すぐ壊れそうなケーブルなのです・・・
皆さんもHDD交換時は面倒でもバッテリを外してからHDDを交換したほうがよさそうです

SSDに無事交換完了

7mmタイプなので部品の選別には注意が必要そうです。

SSDに交換してみると

SSDとしては特別速いわけではないですが、体感速度は全然違います

新品で3万9千円なのでどうしようもないのかと思ってましたが、Core-i3のUでもさすが10世代と思うほど早い・・・

これで、普通に使えるノートPCになりました。

Vostro 3590のHDDモデルに悩まされている方、是非SSDに交換してみてください。
全然違います^^;;;
と、いうかHDDモデルを買わないようにお気を付け下さい・・・

そんなVostro SSD化の記録

スポンサーリンク

「DELL Vostro 3590 のSSD化」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです(あけましておめでとうございます、でも明日はもう2月)
    CrystalDiskMarkも8なんですね・・・
    どうもノートPCに入っているような2.5インチのHDDはどれも遅いという感触です。
    ベンチマークで3.5インチのHDDと比べるとシーケンシャルアクセスは大差ないようですが
    ランダムアクセスはかなりちがいますね。

    1. 今年もどうぞよろしくお願いします(^^)
      相変わらずの出張で、愛知に来ております。
      今年は出張少なめにして趣味の時間も取りたいところです、まぁ商売繁盛はいいことですが^^;;;

      ノート用2.5インチはどれも遅い印象ですが、ここまで体感的に遅いHDDは初めてでした。
      ベンチマークを見る限りでは、特別遅い訳でもなさそうなのですが 遅すぎて使えないレベルのノートPCになっており不思議でした。
      SATAのSSDでも爆速になったので、次回はM.2のSSDにチャレンジしてみます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)