カテゴリー別アーカイブ: オーディオ / ラジオ

オーディオ / ラジオに関する話題

42,6D6,6080等 真空管を頂く その2

先日頂いた真空管の動作確認 第二弾です^^

大電流 双3極管の6080を2本頂いているので、
以前作ったオーディオアンプ用のAVR(電圧調整電源)を物置から持ってきました
DSC00741
この電圧安定化電源は6BM8パワーアンプ+プリアンプ用に作った物ですが超バブリー仕様です。

コレを作った頃は海外出張が多く日当を当てにしてバブリーにやってしまいました^^
作った時の記録はこちら→
http://asakita.net/kabekin/2011/02/181.html
http://asakita.net/kabekin/2011/08/289.html

パワーアンプ用の球としてはおもちゃレベルの6BM8ですが、その電源として
真空管の王様であるEL156をレギュレータ管で使用するという贅沢さがコンセプトの電源です^^

内部を確認してみると一部、部品を外して他に流用してしまっております
おまけに今回動作確認に使いたい6080部は改造中で一部配線を分解したまま放置中・・・^^
(6080ブロックはPICマイコンでシリアル制御させる予定でした)
DSC00682

使用部品も耐容量も3倍以上を使ってます^^ 続きを読む 42,6D6,6080等 真空管を頂く その2

42,6D6,6080等 真空管を頂く その1

ラジオやAVR等で多様に活用できる真空管をたくさん頂きました^^

DSC00661

今回頂いた真空管の中で6D6とUZ-42はラジオで動作確認できるので、
物置から自作のラジオをひっぱり出してきました^^
DSC00673
このラジオは、高校の頃作った物で当時所属していたクラブ活動で廃品をもらってきて作った物のようです。
(ちなみに、私の高校時代は既にLSI/IC時代です^^;;;)

こだわりポイントはMT管,GT管,ST管,ナス管の全ての種類の球を盛り込んで、素敵なビジュアルです・・・^^

廃品シャーシを利用し作っています。
シャーシ裏の鉛筆書きメモによると、元は6BQ5ppのモノアンプのようでした。 続きを読む 42,6D6,6080等 真空管を頂く その1

仕事場に5球スーパーを持ち込む^^

私のSOHO事務所に貴重な5球スーパーを持ち込みました。

DSC07116

休憩や気持ちの切り替えにAM放送で聞いているRCCですが、最近はipod+radikoで聞いていました。

しかし、やはりAM放送は軽い雑音が入っていないと気分が乗らないので、ここは電波を受信するということで、持ってきました。

この暑い時期に真空管ラジオで更に部屋が暑いです^^;; 続きを読む 仕事場に5球スーパーを持ち込む^^

収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN S82U trop パワーアンプ

今回ご紹介するのはテレフンケンの6BM8使用パワーアンプ S82の変形版? S82U tropです。

普通のS82と何が違うのかはよくわかりませんがS82U tropと書かれています。
ghs4gj room

銘板 Type S82U trop.となっています。
ghs4gj room

操作部 左から、音量VR、音質SW、入力切替SW、電源SW、バランスVRとこの辺はS82と変わらない模様ghs4gj room

背面
ghs4gj room

内部の様子 全体の部品構成はほとんど変わらない印象。

入手時から一部の部品が交換されている状態。中国製の安い電解コンデンサが使われていたのは不満。

今度国産モノに交換したいところ。
ghs4gj room

S82やS82Skaと違う部分として、電源トランスが全体的にシールドされているようです。
ghs4gj room

電源部以外もコンデンサ類は部品が交換されています。

こちらは中国製の部品は使用されていない模様・・・ 抵抗類はオリジナルを保っている様子
ghs4gj room

こうしてみると半分以上部品が交換されてますね。まぁS/Nの為なら仕方ないかな~
ghs4gj room

バランスのVR。 これは特に必要ないかも・・・・
ghs4gj room

まぁ、ECL82/6BM8ファンとしては持っていても損はないアンプです。 (*^_^*)

 

コレクション インデックスへ