久しぶりに計算尺を使ってみる。

収しぶりに計算尺を使ってみる。


ラジオの部品を探していると部品箱の中から計算尺を発見しました。

保存状態が良くなかったのでA尺とD尺ずれてしまっています。

しかし左右のネジで簡単に調整できそうな感じ・・・
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

ヘンミのNo.256という電気回路で使用できそうな計算尺です。

静電容量やインダクタンス、周波数の目盛りを見て中古で購入したものの、取説など資料も見つからず放置状態でした。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

その昔趣味で少し使っていましたが、既に使用方法を忘れております。

とりあえず使い方を思い出すために参考になりそうなサイトを勝手にブックマーク

http://www.pi-sliderule.net/
http://www.imasy.or.jp/~yotti/fool/sliderule.html

ロリポップからさくらインターネットに移動

■ロリポップからさくらインターネットに移動

表題のように、レンタルサーバーを引越ししました。

引越しした理由はメールサーバーのエラーメッセージ。

メール送信時に発生したエラーを送信者に返すメッセージにlolipopの名前が入っているのでSOHO用には不向きと判断しました。

Webサーバーではhtaccessでエラー画面を変更すればロリポップサーバーを使用していることは非公開にできそうですがメールサーバーでは無理のようです。

一応、事業用のメールはこの手の情報が相手に知れないほうがいいと思います。

独自ドメインはムームドメインで取得し管理しているので、レンタルサーバのみ変更しムームードメインはそのまま利用しています。

ムームドメインでのサーバー変更は簡単に完了し、移行作業に何も問題は起こりませんでした。

しばらくはさくらのレンタルサーバを使ってみよう(^^)

ちなみにロリポップのメールサーバーから通知されるエラーメッセージは

This is the mail system at host smtp**.phy.lolipop.jp.

I’m sorry to have to inform you that your message could not
be delivered to one or more recipients. It’s attached below.

For further assistance, please send mail to postmaster.

If you do so, please include this problem report. You can
delete your own text from the attached returned message.

The mail system

<*******@nifty.ne.jp
>: host mf.nifty.ne.jp[***.***.***.***] said: 550 5.1.1
<*******@nifty.ne.jp
>… User unknown (in reply to RCPT TO command)

さくらインターネットは

The original message was received at Fri, 10 Sep 2010 09:10:44 +0900 (JST)
from ***.ne.jp [***.***.***.***]

—– The following addresses had permanent fatal errors —–
<*****@nifty.ne.jp
>
(reason: 550 5.1.1 <*****@nifty.ne.jp
>… User unknown)

—– Transcript of session follows —–
… while talking to mf.nifty.ne.jp.:
>>> DATA
<<< 550 5.1.1 <*****@nifty.ne.jp
>… User unknown
550 5.1.1 <*****@nifty.ne.jp
>… User unknown
<<< 503 5.0.0 Need RCPT (recipient)

とロリポップの場合メールサーバ名がメッセージ内に含まれています。

この点、さくらインターネットの方が好みです。

ムームードメインをそのまま使用場合のさくらインターネットへの移行手順メモ
①さくらインターネットに申し込み こちらからどうぞ → さくらのレンタルサーバ

②さくらインターネットが利用できるようになったらムームードメインの設定変更

A) ムームードメインへのログインしメニューでネームサーバ設定変更を選ぶghs4gj room [ALL IS VANITY]
B) ネームサーバ設定変更で「上記以外のネームサーバを使用する」を選択しDNS名を設定
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

C) 「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリック
③数時間後に切替確認
と簡単に移行できました。

少し維持費が高くなってしまいました。上記のような点が気にならない方はロリポップもおすすめです。

なぜならカスタマーサポートがまあまあ良いから。 → ロリポップ!

ドメイン取得はムームードメインがおすすめです → ムームードメイン

この手の難しいサービスはフレンドリーな操作画面が安心感を与えてくれます。

その点ロリポップやムームードメインは大好きなのですが、メールサーバー設定はなんともならないようです。
ドメイン管理はムームーに残してサーバのみ別を借りるという選択肢がベストかと・・・・・

SOHOで使用するのにおすすめなレンタルサーバーはこちらから(WPは要検討かも)


懐かしいポスター 平成11年11月11日のポッキープリッツの日

懐かしいポスター 平成11年11月11日のポッキープリッツの日


11月11日はポッキー、プリッツの日でしたが、平成11年もこのCMやってました。

私がサラリーマンから個人事業に脱サラしたのが平成11年

当時は田中麗奈が出演していたグリコのCMを見ながら、勇気をもらいつつ自営を頑張ってました。

当時を振り返りつつ、初心に戻ってSOHOを頑張らなければと思いながらの投稿

平成11年当時の私の部屋ポスター

右側のモーニング娘。が写ったポスターはドリームネットのポスタ。既にプロバイダも無くなってしまいましたね
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)

ThinkPad パーティション削除

■ThinkPadのSERVICEV001パーティション削除

ThinkPadから取出したHDDを別で利用するためにフォーマットしようとしたところ、
DtoD領域かと思われるSERVICEV001というパーティションがそのままでは消せないので操作するための手順をメモります。


ThinkPadから取出したHDDには「SERVICEV001」というパーティションがあります。

ここをWindowsXPの管理ツールにある「コンピュータの管理」で削除しようとしても
特殊なパーティションらしく削除できません。

取出したHDDはUSB接続で接続しディスク1として認識されています。ghs4gj room [ALL IS VANITY]

このパーティションはコマンドラインの「DISKPART」で操作できるようです。

コマンドライン画面からDISKPART[ENT]でユーティリティを起動しますghs4gj room [ALL IS VANITY]

DISKPART>でコマンド入力待ちになるので

LIST DISK[ENT]で接続されているHDDを確認

操作するHDDを確認したらSELECT DISK n でHDDを切り替える
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ディスクの切り替えが完了したら

LIST PARTITION[ENT]で選択中のHDDのパーティション一覧を確認

ディスクを間違えていないこととパーティションを確認したらCLEAN[ENT]でディスク内情報を消去します。ghs4gj room [ALL IS VANITY]

ディスク内情報を削除するとコンピュータの管理画面では

エラーのようなマークがつきます
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

パーティションが削除されてひとつの領域になっていることを確認してプライマリーパーティションを作成

CREATE PARTITION PRIMARY[ENT]でプライマリパーティションが作成できるようですghs4gj room [ALL IS VANITY]

パーティションが作成されたらコンピュータの管理画面でフォーマットしますghs4gj room [ALL IS VANITY]

WindowsXPにFDISKが無いと思っていたらDISKPARTコマンドになってたんですね

 

Yahooヤフーサイトエクスプローラが終了したみたい

Yahooヤフーサイトエクスプローラが終了したみたい


ときどき被リンクの状況を確認させてもらっていたYahoo検索のサイトエクスプローラが終了してしまったようです。

ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

最近は、ブログの被リンクは気にならなくなりましたが、ブログ開設当時は被リンク先のチェックが楽しくてしょうがない時期もありました

今後は、似たような機能の別のサービスが始まるのかな??

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)