NEC PC-9821Ra300 CPU換装メモ

NEC PC-9821Ra300 CPU換装メモ


既に手放したPC-9821Ra300/PC-9821Ra43ですがCPUを交換したときの情報が今後必要になる可能性もあるのでメモしておきます。

Pentium3 1.13GHz ES版 QEJ1ES への交換

PC9821RaのマザーボードはES版のみCPU倍率を変更できるジャンパ有り。

(ESでない場合このジャンパは無効)

このジャンパ設定+ES版ペンティアム3でITF無改造のPen3 800MHzの98にアップグレード可能。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

QEJ1ESをPC9821でも安定稼働のできるPowerLeapのPL-iP3/Tに装着しコア電圧を1.75Vに設定する。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3   ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3
QEJ1ES                                PL-iP3/T

当時調べたジャンパ設定はこちら。

 

RaのCPU倍率設定(ES版CPUのみ有効)
**

**
*12.0

**
**
11.5
**
**
**
*10.0 **


**
9.0
**
**
*8.0
**

**
*6.5 **

**
**
*5.5 **
**
**
**
*4.0
↓440FX側      – JUMPER    ** OPEN

 

ITFを改造すればさらに上のCPUに換装可能のようですが純なPC9821では無くなるため、98ファンとしては無改造ITFにこだわりたいところ・・・・

まぁCPUを交換している時点でオリジナルのPC9821ではありません。

[PR]オススメ


ちなみにES版のQEJ1ESまで入手しなくても普通にCeleronの766MHzもOKでした。

ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3   ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3
Celeron766MHz                      PentiumIII QEJ1ES

HDBENCHによるベンチマーク結果は以下の通り。

CPU速度 HDBENCH3.4β6 Windows2000Pro
項目 Celeron@433Mc Celeron@766Mc QEJ1ES@800Mc
Freq 432.79MHz 765.35MHz 799.01MHz
Integer 19720 34898 36416
Float 19643 34761 36278
Ave 19681 34829 36346

Celeron766とPen3 800はほぼ同じ結果となっています。

ES版Pentium3は自己満足の世界でした・・・・

2011.07.12追記

CPU用電源レギュレーターに放熱板を付けなければ過加熱で故障するらしいので、CPUを交換した際は注意が必要。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

PL-iP3/Tのジャンパ設定
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

[PR] PC-9801の情報を発信するならコチラがオススメ!!

茅ヶ崎駅-平塚駅間 3時間5分

台風の影響で東海道線が運転見合わせになり、茅ヶ崎駅から平塚駅に行くため神奈中の茅06系統に乗って平塚に移動。

19:00にバスが到着、満員になったので次のバスを待つことに

茅35系統の浜見平団地循環はほぼ時刻通り運行しているのに、茅06系統の次のバスが来たのが1時間10分後の20:10

20:10に茅ヶ崎駅を出たバスは国道1号の渋滞に巻き込まれる。

びっくりドンキーを通過するのに30分近くかかったのでヤバいとは思いつつそのまま乗車。

平塚駅に着いたのは23:15

なんと3時間5分もかかってしまいました。

iPodとD25HWを持っていたのでFXヲチしながら3時間つぶしたのでよかったが、殆どの人は途中で下車。

平塚まで乗った人は、根気比べ状態。お疲れ様でした。

結果、電車が動くまで駅で待っていた方がよかったことに・・・・

どうやら運転手は道路状況の情報は持ち合わせていない様子。

教訓

災害時は安易にバスを使ってはいけない。

情報は民放ラジオではなく、ネットで調べる

P.S

radikoで民放のラジオを聴いていたが、野球やサッカーを放送し足止めになっている人に必要な情報は非常に少ない。

電車の運行状況や道路情報など、足止めをくっている人向けの情報が少なかった。

テレビ放送に加えラジオ放送も災害時の情報発信手段として役立たずなメディアになってしまったようです。

(大好きなニッポン放送がダメダメな感じ)

一番有用な情報はTwitterでした・・・

追記

バスに乗った直後、日本道路交通情報センタを確認すると産業道路までの大渋滞表示中でした

情報収集不足による敗北ってヤツです。
ghs4gj room (湘南/広島)
今後の為にリンクをメモ

http://www.jartic.or.jp/traffic/ippan/kanagawakenseibu.html

収集物の思い出【コンピュータ】:日立/PROSET30

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

■収集物の思い出【コンピュータ】:HITACHI/PROSET30



日立の知的オブジェ パーソナルワークツールとして登場したPROSET 30

B16相当だと思われる一体型PCです。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

入手したのは10年以上前でベスト電器広島店の中にあったジャンク屋さん。

たしか1000円くらいだったと思います。

これは見逃すわけにはいかず、お店で簡単に梱包してもらって可部線でハンドキャリーして持って帰った覚えがあります。

CRT前面のアクリル製べセルが無いので少しかっこ悪いのですが、プロセットの絶妙なデザインを堪能できます。

このモデルはHDDを搭載していない2FDDタイプでした。

たしかプロセット30のCPUは80286だったと記憶しているのですが、某情報系サイトの説明を見ると32ビットCPU搭載と書いてありました。

286じゃなかったかなぁ・・・・?

このプロセット、取説関係のドキュメントは全て揃っていたものの、システムディスク関係は全くなし。

(メニューアプリのようなものだけFDCがあった。だから安かったのかも・・・)
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

その当時私はB16SXを使用していたので、B16用MS-DOSは所持しておりました。

プロセット 30 でB16SX用のMS-DOSやDISKBASICは問題なく動作します。

当時、B16用のフリーソフトなど出回っていたので、通信ターミナルやテキストエディタなど一通り揃っていました。

LSI-C86の試食版なども活用できました。

電話機一体型が画期的で好き。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

キーボードはテンキーと分離しており、ファンクションキー部にフタができる作りになっていました。

メカニカルキーではなかったものの打ちやすいキーボードでした。

カーソルキーは使いにくいです。

プリンターは日立のワープロWordPalとほぼ同様で、インクリボンも同じでした。

このプリンタ、DISK-BASICからはそのまま操作できたので、自作プログラムで印字可能でした。

MS-DOSアプリからのプリントアウトは何かのドライバーが必要なのか動作しなかった覚えがあります。
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]
このパソコンのメンテナンス製はデザインから察する通り最悪です。

特にマザーボードの取り外しに苦労した覚えがあります。

だからM/Bの写真がないのかなぁ~
技術屋 ghs4gj room [ALL IS VANITY]

最後はヤフオクで売却されてしまいました。

最近はITX規格等の小型マザーボードがでているので、筐体だけでも残しておけばカッコいいマシンができたかも・・・・

AppleのSE/30の中身を入れ替えている人は多くても、プロセット30でやってる人は少ないでしょうからねぇ。