S1用増設PIAカードとプリンタカードは発売されなかったのかな?

先日入手したS1絡みのドキュメントの中で興味深い資料を見つけました。
カタログ類といっしょに送られてきた構成ガイドです
DSC06176

昭和60年1月の構成ガイドでは
DSC06178
MPP-1060
MPC-RA512S
MPC-PR01
MPC-RS01
MPC-PA01
MPC-FL03
MPC-FL01
MPF-510S
MPF-511
が近日発売予定になっています。

しかし、その後訂正された構成ガイドによると
MPC-PR01
MPC-PA01
以外は価格が記載されているものの、プリンタカードとPIAカードは中止になっているようです。
DSC06179

実際に発売されていないのか不明ですが、一時発売が中断された記録のようです。

まぁ、これらのカードはレベル3用を使えというメッセージなのかもしれません・・・

.

S1/10 忙しくなる前に動作確認をしておく^^

eBayで落札したS1/10にデータレコーダTRQ-2400を接続し、パソコンデスクにセットしました。

DSC06152
EPSONのTF-10はFM-7用でS1には繋がっていません・・・^^;;

久しぶりにデータレコーダを使ってみましたが、特段不自由もなく快適に使えます。
また、TRQ-2400 DRPS頭出し機能が思った以上に便利に使えます(*^_^*)

今後、忙しくなりそうなので今のうちに動作確認などしておきます。
そうなるとFDDが欲しいのですが、入手できそうにないので来夢来人をRS232Cで接続して来夢来人のFDDを使ってロードします。

久しぶりに自作ACIAカード装着
DSC06149
このカード、以前より回路も省略してCTS/RTSの回路は外しました。

高価な72ピンの万能基板を切断するのがもったいなく、
未だに切断していないのでACIAカードを付けると蓋が閉まりません。
DSC06156
そろそろ切断しようかと考えながらも、今回は見送りで縦置きで設置しておきます。

S1BASICで書けばロードするだけのソフトなら数十行でOKそうなので、ざっくり製作開始

ここで、問題発生!
これは仕様なのか使い方が悪いのかわかりませんがS1ではACIAをCMTと232Cが共用しているため、
CMTをシーケンシャルでOPENしたままRS232CのOPENができないようです。
また、CMTをOPENしているつもりでもRS232C側に何か出てくるようです。
その点、PC88等はシリアルポートからのロードにも対応していますが、S1には見当たりません。
FM7にも見当たらないが、探し方が悪いだけなのかな!?

仕方ないので今回は512KBのメモリを活用して配列に受けるように暫定対応。
時間ができたら別系統のACIAを増設したいところ・・・

短いプログラムなので今のところはアスキーデータのみですが、来夢来人からS1のCMTに保存できるようになりました。

一通り動作確認してみましたが、特に問題は無いようです。

DISKBASIC用のデモソフトで馬も走りましたが、
途中からマシン語ファイルをアクセスしに行くようでエラーで止まります^^;;;
DSC06164

今後の予定としては、バイナリファイルの転送とACIAの別系統増設、
CMTに一度保存しなくてもメモリにロードできる仕組み等(中間コード類の資料は公開されているのでしょうか??)
ホントはVFO廻りをなんとかして直接DISKBASICを起動させたいんですけどね^^

一通り遊んだら来夢来人に512KBメモリ積んで、来夢来人に戻す予定!!

.

第二音戸大橋のフリーウォークに参加(その2)

日新製鋼を越えると鍋桟橋バス停付近まで到着。

警固屋音戸バイパスの入り口も準備OKのようです。
DSC05773
今回はこの入り口は解放されていなかったので、その先の階段からバイパスに入ります。

私が到着したのは正午頃、フレスタからバイパス入り口の階段までの道は混雑していたものの、バイパスに入ってみると人の少なさにさらに驚く
昼すぎなので既に皆さん帰ってしまったのでしょうか?
DSC05788
警固屋トンネルを出ると第二音戸大橋が見えます。
DSC05801
天気は良かったものの、黄砂の影響かクッキリ見えません。

来週の開通に向け準備は整っているようです。
DSC05815
橋の上の様子。混雑した感じではなく、みなさんのんびり。
DSC05840
第二大橋から音戸大橋を見る。
DSC05859
この光景を見ると渡船が気になるので、渡船乗り場に向かう

途中、一番近道を案内してくれているようで、かなりの田舎道を通るように指示がある。
畑に転落しそうな道を案内するのはどうかと・・・・
DSC05874 DSC05880
渡船乗り場までの道のりは 下方向から間近で第二音戸大橋を見るにはFBなポイントです。
DSC05875
橋の上から5分も歩けば渡船乗り場に到着しました
DSC05884
日本一短い定期航路だそうです。
DSC05887 DSC05890
この渡船は定員50名。見た目よりたくさん乗れる印象。
DSC05901
音戸側から乗船し警固屋側に到着
音戸側乗り場いい雰囲気ですが警固屋側はさらにいい雰囲気

音戸は満喫したので、そろそろ海上自衛隊に向かいます。
海上自衛隊の一般公開では、基地内部の桟橋で受付が行われる為、時間ぎりぎりではNGで少し早めにいかなければならないようです。
正門から整列状態で内部の桟橋まで向かいます。
DSC06033 DSC05934
本日の公開で乗船可能なのは「護衛艦さざなみ」
DSC05946
DSC06001
横須賀での一般公開では室内に入って説明というイベント等もありましたが、こちらは定例の一般公開のようで室内の公開はありませんでした。

ちなみに公開される船艇の名前はネットで確認可能だそうです
http://www.mod.go.jp/msdf/kure/info/facilities/

基地内では潜水艦の公開はないらしいので、基地の外で潜水艦桟橋に向かってみる
DSC06039
DSC06043
どの潜水艦もけっこうくたびれているように見受けられます。

潜水艦については、公開も説明も行われていないようなので、てつのくじら館に行ってみるのがよさそうです。
http://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

しかし、よく遊んだ・・・ 呉は見どころが多い(*^_^*)

P.S
RCCのニュースで約3万人で賑わったと報道があったが、3万人は達成していないと思われます。
もう少し盛大やっても良かったのでは!? まぁメインはウォーキングイベントではなく開通だと思いますが・・・
ちょっと呉市の広報技術に問題を見たイベントでした。大呉市ではなかったようですね。

.

第二音戸大橋のフリーウォークに参加(その1)

昨日は豊平に出撃しましたが、本日は呉方面、音戸の瀬戸に出撃

来週開通の第二音戸大橋のフリーウォークイベントに参加してきました。

テレビやラジオで少しだけ情報がありましたが、情報が少ないというBFな状況。
駐車場やシャトルバスは無いので公共交通機関で来なさいという情報なので 呉駅から歩いて行ってきました。

呉駅に到着! バスは混雑して乗れないのではないかとの予想を裏切って特段混雑していません
DSC05611
バスは混雑していませんが、音戸の瀬戸までは見どころが多いので歩いていくことに・・・

駅を出発してすぐに「てつのくじら館」「大和ミュージアム」があるものの、今回は時間が無いのでスルー
DSC05620 DSC05621

呉の中央桟橋から自衛隊方面に移動。
海上自衛隊呉地方総監部の前を通ると日曜日は一日2回一般公開をしているとの看板あり。
DSC05637
見学できるのは10:30と14:00の2回のようで、今回は時間が合わないのでこちらもスルー

更に進むとIHIの呉工場が見えてきました。
ここは車でよく通りますが、歩いて通ることは少ないので写真を撮りまくり状態。
DSC05658
DSC05671
「大和のふるさと」の文字がだいぶ薄くなってきました。

古いクレーンがかっこいい!!
DSC05674

IHIを越え、下り始めると海上自衛隊が見えてきました^^
DSC05676
この辺も渋滞するのではないかと予想していましたが、全く渋滞なし。バスに乗っている人も少なめ。
第二音戸大橋のイベントはこんなに人気が無いのかと驚く・・・

海上自衛隊前に到着 中を覗いてみると面白そうな感じ
DSC05681

呉の海上自衛隊では毎週日曜日に船艇の一般公開をしているそうで、ついでに見て帰ることに。
時間だけ確認して音戸大橋に向かう。
1212

赤レンガ倉庫や潜水艦桟橋を見ながら進みます。
DSC05710
DSC05695

日新製鋼に到着。普段は通り過ぎるだけですが、ゆっくり観察しながら横を通り過ぎます
DSC05743
呉の日新には行ったことはありませんので興味深く観察^^  これは熱風炉と高炉でしょうか?
DSC05746
酸素や窒素を作るのではないかと思われる設備の塔が見えます。
DSC05756

ここを超えると、やっと鍋桟橋バス停付近。
寄り道が多すぎて呉駅出発から約2時間経過しておりました^^

その2に続く・・・

.

北広島町 豊平どんぐり農園に出撃

天気もいいので、家族サービスでイチゴ狩りに出撃。

広島県内には数か所のイチゴ狩りがありますが、口コミなどを参考に場所を決定するとかなり困難な作業になります。(おそらく広島県内でイチゴ狩りを検討したしとは皆さん迷われていると思います)

今回出撃したのは豊平の豊平どんぐり農園
DSC05543
入り口はちょっとわかりにくい感じですが道路からビニールハウスが確認できます。

30分食べ放題で大人1人1500円でした。

基本的に事前に予約が必要で、予約により入場制限しているようですのでイチゴが無い等の事態は発生しないよう管理されている印象です

係員の対応も良く、満足できました。近くにどんぐり村もあるので日曜日のちょっとしたお出かけに最適です。

まだまだ たくさん生っていたので来週行く人はFBですよ~
DSC05527
このような大きめのビニールハウスが何棟もあり、いちご狩りの施設としては比較的大きい印象です。

かなりおすすめです(*^_^*)