来夢来人のVFOで信号を確認してみる

S1/10 にFDDを取り付ける作戦の続きです。

X1turboから取り外したFDC基板が本当にNGなのか信号を見てみました。

結果、見事に何も出てきません(泣
1Ch=FDD DATAOUT  2ch=VFO-WINDOW  3ch=VFO-DATA
DSC06405

正常な信号がどのような物か見ておかないと、今後うまく動作しない時に判断できないので来夢来人のSED9420の信号をモニタしてみました。
DSC06401

1Chの信号がFDD-DATAOUTからシュミットトリガを通った後なので反転していますが、VFOに入力される信号はほぼ同じです。
2Ch=VFO-WINDOW  3Ch=VFO-DATAでWINDOW信号の山が多いような気もしますが、教科書に載っている波形と似ような信号が出ています。
DSC06399

次回、SED9420で自作したときこのような信号になれば、S1/10との接続もOKそうです。

部品の入手準備に入りますかな(*^_^*)

Limelight2020でFORWORD16動作せず

B16で環境を整えたFORWORD16をLimelight2020で動作するかどうか確認してみました。

Limelight2020では動作環境を満たしていないので、難しいかとは思いましたが・・・

結果はNG
DSC06488

動作条件はMS-DOS Ver3.1以上とありますので、Ver2.11のLimelightではダメなのかもしれません。

ダメな様子
DSC06489

こいつで動けば楽しさ倍増だったのに^^;;; ちと惜しい。

B16LXでFORTH言語に慣れる計画

Vectorから入手可能なFORWORD16をMS-DOS3.1上のB16LXで使えるように環境整備中!
DSC06485
使ってみた感じでは、かなり快適に使用できます。

これならば、80286-8MHzのB16LXsでも十分使えそうです。
B16の活用方法が一つ増えました^^ 
近いうちに来夢来人2020で動作するかどうか確認します。動けば最高!!

このFORWORD16というソフトですが、本来はx86系のアセンブラ学習用のコンパイラとして使うような感じに見受けられます。
これから勉強を始めてみようと思うFORTH-79や83とは若干違うようですが、丁寧な説明文が付いているので
FORTHの参考書と併用して使ってみると、理解できるようになるかもしれません(*^_^*)
まずは慣れることが目的なので、これでごにょごにょしてみます。

いろいろ調べてみると、昔はMS-DOS用でフリーで標準FORTH準拠のものもたくさんあったようですが、
今はほとんどリンク切れで入手できないようです。

FORWORD16とテキストエディタ、COMMAND.COMをRAMドライブに入れて運用すると、それはもう快適そのもの^^
全角入力を犠牲にしてプログラムをRAMDISKに入れて動作させるのもアリです!!

B16では反射型液晶が目に優しいと思ってLXsをメインで使っていましたが、
最近はコントラスト比の高いプラズマディスプレイの方が疲れないような気がします。
そのためLXを使う機会も増えてきましたが、ご覧のように縦スジ入りになってしまいます。
時間が経つと2本、3本に・・・・
まぁ古いからしょうがないんですけどね^^;;
DSC06487

LXsとLXを使い分けながら楽しみます(*^_^*)

6809環境でFORTH言語を使う布石として、頑張らなくては・・・・
将来的には6809+FLEX9+FORTHという夢の世界へ^^;;;

デザイン変更と記事、カテゴリ整理が完了しました

これまで既製品のテーマを使用していましたが記事エリア内のスタイルが自由にならないので、新規でテーマを作成しました。
自分が思っていた機能は一通り実装したので、切替決行!!
これで、SyntaxHighlighterも正常に表示できるようになったし、以前より読みやすいレイアウトで記事が公開できるようになると思います^^
(編集時のWYSIWYGを改善させました)

フルスクラッチで作成したので不具合があるかもしれません、不具合や要望などありましたらコメントをお願いします(*^_^*)

テーマ変更のついでに、ブログ名を「ghs4gj room」→「かべきんシステム」に変更しました。
(会社名のような名前ですが会社名ではありません^^;;;)
またブログ主の名前も「ghs4gj」→「かべきん」に変更しています。
今後の書込みでは「かべきん」を使用致します。

Tag整理の為、全記事を確認しましたが、元はアメブロでやっていてFC2経由でWordPressに移行したのでレイアウト崩れが多くみられます。
未だにアメブロへのリンクやアイコンが貼ってあるので記事のメンテも大変そうです。
まぁ、少しずつ手直ししていきます^^)

デザインは変わりましたが内容は変わりませんので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)

これでレイアウトも自由になると思うので、記事は書きやすくなりましたがネタの進み具合がいまいち・・・・
しばらくはTagとカテゴリ整理に集中します^^;;;

PCアイコンは「天ぷら工房」さんの素材を使用させて頂いております。

記事カテゴリーを変更しました

サイトテーマ変更予定に伴い、記事とカテゴリを整理しました。

今後はFLEX9や漢字活用の資料が入手できたFM-7をメインに6809を勉強して行こうと思いますのでS1/来夢来人カテゴリを削除し、S1,L3,FM全て旧型PCカテゴリーに統合します。
各記事のタグにS1,BML3,FM-7,B16等を設定しますので、今後機種毎の記事一覧はタグで対応をお願い致します。
(テーマ変更後にタグ別リンクを設置予定です)

S1用のEASY-S1もスクリーンエディタで素晴らしいのですが、FLEX9を使う優越感には勝てないようです(^^;;;
(8ビット機でDOSを使うと どうしてこんなに優越感があるんだろう!?)
その他、B16上に16ビット用FORWORD16(FORTHの拡張版!?)を入れてFORTHに慣れてみようと計画中
(FORWORD16はMS-DOS3.1以上らしく来夢来人2020で使えないのが残念)
その後、S1で6309用FORTH作成と、かなり高い目標を設定してみます・・・・

まずはハード専門を卒業するためにFLEX&FM-7でマシン語の勉強をしなければ^^

楽しみは無限大ですね(*^_^*)

電脳技研氏> このFLEXはFM-8でも動作するようなので実家探しておいてね(*^_^*)