S1-CP/M80 移植作戦 その13 Z80Bカード動作確認OK^^

Z80側からメモリにデータが書けるようになったので、再度動作確認実施!

確認点は
①任意のアドレスからデータリード
②メモリ前半部分にデータ書き込み
③メモリ後半部分にデータ書き込み
④I/O出力によりS1への割込み要求
の4点を確認するプログラムを実行してみました

実行した手順はこちら

全てS1のモニタで行ってます

Z80は$0000~$003Fまでリセットベクタらしくユーザプログラムは$0040以降に書くのがルールっぽですが、
ユーザプログラムエリアに使えないわけではないようなので回路の動作確認用にハンドアセンブルしました。

$0000~プログラムをセットします。
①物理メモリ$00000~$00FFFを論理メモリ$0000~$0FFFに割付
②物理メモリ$0F000~$0FFFFを論理メモリ$1000~$1FFFに割付
③$0000番地からテスト用プログラム書込み
0000 3A 0F 00     LD     A,(000Fh)
0003 32 20 00      LD     (0020h),A
0006 32 FF FF      LD     (FFFFh),A
0009 76                   HALT
④コピー元データを$000Fに$E5セット 続きを読む S1-CP/M80 移植作戦 その13 Z80Bカード動作確認OK^^