マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その12 (CRT出力の2)

ベーシックマスタレベル3でFLEX9を動作させる作戦の続きです。

こちらの実験でVRAMに直接データを書込むことでCRT表示ができることを確認済みなので
画面クリアとスクロール、改行などを実装してBASICROMの処理不要でCRT出力を実装してみました

ANKの表示は思った通りの動きをしているのですが、この出力サブルーチンを使うとasmbの画面出力などで
おかしくなります

しかし、簡単なFLEXコマンドはKB入力の指示で動作するので、OSの基本的な動作はするようになったようです。

カーソルは処理が無いのでBASICが起動した最後の位置で放置されています・・・

KB入力とCRT出力を実装する前に入出力がACIAの時はasmbやdebug, COPYコマンド等も動作していたので、
KB入力やCRT出力の作りが悪いだけのようです^^;;

かなりポンコツですが、一応レベル3でFLEX9が動作するようになったので、ここをスタート地点としてデバッグ
を開始できそうです^^

CRT出力で何か参考になる本があればいいのですが、見たことが無いので気分のままに必要な処理を書いてみた
だけになっています。
相変わらずポンコツで何も参考にもなりませんが、晒しておきます^^;;;
水平文字数や開始アドレス等にマジックナンバーが残っているのは実験用が直し切れていないだけだったりします
(CRTCを使ったCRT出力処理の参考になる書籍でおすすめな本がありましたら教えて下さい) 続きを読む マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その12 (CRT出力の2)

マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その11 (KB入力の2)

ベーシックマスタレベル3でFLEX9を動作させる作戦の続きです。

キーボードレジスタから読み込んだキーコードをASCII文字コードに変換する部分は実装できたので、
問題だったキー入力の連打対策を入れてみました。

割込みを使っても、キーボードレジスタからのデータのbit7を使ってもキーを離したことをうまく
検出できないのでカウンタで同じコードを数えてカウントアップさせる方法で実装してみました
(カウントアップで一度フラグをクリアしているので連続押下はオートリピートみたいな感じになりました^^)

なんとなくいまいちな感じですが、一応使えるようになったのでここから改良を加えて実用性を
上げていきたいと思います。

キーボードからのIRQ割込みで読込む方式です
割込みを使わずにキーボードレジスタをループで読み出す場合2段階に分けると「SHIFT」や「GRAPH」をフラグ
にセットできそうですが割込み割込みだとどうやってSHIFTやGRAPH中を検出するのかが難しそう・・・
続きを読む マーク5の拡張RAMでFLEX9を試す その11 (KB入力の2)

ミニD級アンプとESP32でレシーバアンプを作る その1

こちらで作ったプリアンプと秋月のミニD級パワーアンプを使って小出力のレシーバアンプを作ってみます

チューナ部分はDSPラジオのSI4732を使います。

今回もタカチのSY-150Gを使いますが、今回はちょっとサイズが足りない気もします・・

全面のパネルに全ての部品が入りきるか確認します。

レシーバアンプなので多機能にしたいところですが、これが限界のようです

チューナの周波数表示は7セグ4桁で表示し信号強度のSメータを付けたいと思います
si4732は信号強度が読み出せるのがいいですね^^


ざっくりと罫書いて穴あけします。 続きを読む ミニD級アンプとESP32でレシーバアンプを作る その1

NE5532トーンコントローラ付きプリアンプキットを作る

小型のD級パワーアンプキットを作ったので、レシーバアンプにするためトーンコントローラ付きのプリアンプ
キットを作ってみました

購入したのはこちら → TIのNE5532を使ったトーンコントローラ付きプリアンプです

Amazonで購入しましたが、こんな感じで到着します

説明書や回路図はありません。Amazonの商品ページにパーツリストのリンクがあるだけなので、パーツリストを見ながら組立てます 続きを読む NE5532トーンコントローラ付きプリアンプキットを作る

秋月の小型デジタルアンプを作る

長年探していたDIN2Pのソケットとプラグを発見したので、久しぶりにオーディオアンプを作り直すことに
しました。

今使っている6BM8シングルは歪率2%で約0.7W程度だったと思うので、同様の出力で最近気になってるD級
パワーアンプを使います。

今回使うのはこちら、秋月電子で購入した小型のデジタルアンプです

2種類使い、フロントスピーカ用とリアスピーカ用でICを変えて音質の違いを確認できるようにします

PAM8012 → https://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-08217  約2W@4Ω
TPA2006 → https://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-08161/   約1.5W@4Ω

この4チャンネル分のパワーアンプを35mm*25mmのユニバーサル基板に載せました 続きを読む 秋月の小型デジタルアンプを作る