「MB-S1 / レベル3」タグアーカイブ

MB-S1 / ベーシックマスタ レベル3 の話題

【S1】Z80Bカードが不安定^^

S1/10の実機環境も復活し、MP-3550も導入できたことから
S1用CP/M-80の移植作業を再開しました。

CP/M80 Ver2.2はこちらからDLしたZ80用ソースコードを60K用にしてアセンブル、
2D用のブートローダはsamさんに作成して頂いたものを活用させて頂いています。

BIOS09とBIOS80はメモリロード後のZ80の起動と最低限のI/Oを実装しています。
フラグ監視式のポーリング動作ですが、6809とZ80の共通領域にデータを書込んでI/Oを表示させることが
できるところまでたどりつきました^^

ブートローダのメッセージは

40文字モードの大きな文字で8ビットマシンをアピールし、グリーンディスプレーぽく緑色で出力^^

60K CP/M80なので拡張メモリの$0D400番地からCP/M80本体+BIOS80をロードします。
BIOS09は$89000からロードして論理アドレス$6000から割り付けています

6809もZ80も両方RUNしBIOS内の無限ループでフラグの変化に応じて処理をさせていますが、
6809側からZ80のメモリ領域を参照する場合はZ80を止める必要があるので、このままではかなり非効率です
(Z80を止めないとフローティング状態のS1バスが接続されない回路になっている)
毎ループごとにZ80が停止するのは無駄すぎで、最終的には割込み式にしないと実用性は厳しそう・・・

ロードが完了するとBIOS09が起動し
Z80スタンバイのYes/No, Z80リセットベクタのメモリへの書込みYes/No, Z80スタート(Yes/No)
を選択しフラグチェック式のI/Oループに入ります 続きを読む 【S1】Z80Bカードが不安定^^

【S1】日立MP-1041プリンタ 修理失敗^^

物置から出てきたMP-1041にeBayで購入したNOSのヘッドを付けてO/Hしてみました。

インクの汚れやグリスが硬化している部分を掃除します

上蓋を外すとこんな感じ^^

恐らく純正でないインクリボンが取り付けられていたようでリボンから紫色のインクが染みだしており
金属部分がサビています

上蓋はいつも通り、洗剤で水洗い 続きを読む 【S1】日立MP-1041プリンタ 修理失敗^^

S1弄り 再開^^

私のS1はモデル10はグラフィック廻りが故障・・
モデル30はバス制御関連が故障・・・
と、まともに動作するS1がなくなってしまったのでZ80カードの実験が滞っておりました。

と、実機でのS1弄りは絶望的な状況になっていましたが

いつもL3/S1で情報交換させて頂いているせるじおさんからS1/10を頂きました^^

S1/10でZ80カードの実験環境を再開できたので、ちょっと頑張ってMP-3550 FDDユニットを入手しました。

手持ちのキーボードを接続して、こんな感じで実機環境復活です(^^)

レベル3マーク5を分解していたときに取り外していたRS232Cコネクタを取り付けます 続きを読む S1弄り 再開^^

S1 RS232C 用 DPU-414 設定メモ

S1のRS232CでDPU-414を使うときのメモ

DIPSW 1-1 OFF Input = Serial
DIPSW 1-2 ON Printing Speed = High
DIPSW 1-3 ON Auto Loading = ON
DIPSW 1-4 OFF Auto LF = OFF
DIPSW 1-5 ON Setting Command = Enable
DIPSW 1-6 OFF Printing
DIPSW 1-7 ON   Dencity
DIPSW 1-8 ON   = 100%
DIPSW 2-1 ON Printing Columns = 40
DIPSW 2-2 ON User Font Back-up = ON
DIPSW 2-3 ON Charactor Select = Normal
DIPSW 2-4 ON Zero = Normal
DIPSW 2-5 ON International
DIPSW 2-6 ON Charactor
DIPSW 2-7 ON Set
DIPSW 2-8 ON  = JP
DIPSW 3-1 ON Data Length = 8 Bits
DIPSW 3-2 ON Parity Setting = No
DIPSW 3-3 ON Parity Condition = Odd
DIPSW 3-4 ON Busy Control = H/W Busy
DIPSW 3-5 ON Baud
DIPSW 3-6 OFF   Rate
DIPSW 3-7 OFF   Select
DIPSW 3-8 ON   = 2400 bps

シリアル入力にして通信速度を2400bpsで使用

設定はDIPSW1-1からDIPSW3-8まで一気に設定→DIPSW1,2,3の切り替り時にON確認があるので注意 続きを読む S1 RS232C 用 DPU-414 設定メモ