収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN hymnus hifi 101

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

収集物の思い出【オーディオ】:TELEFUNKEN hymnus hifi 101


テレフンケンのソリッドステート式レシーバでhymnus hifi 101です。

薄型の筐体ですが比較的大き目のレシーバです。

このレシーバはアメリカから個人輸入したもので、ドイツ語表記の下に英語表記の記述があります。

このレシーバはFMとAM用のチューニングダイアルが独立していません。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

hymnus hifi 101の背面

DIN5Pの入力端子とDIN2Pのスピーカコネクタがあります。

テープ入力はテープモニタに対応しています。本体内部にFM用アンテナが内蔵されており背面にヨーロッパタイプのFM-2P端子として取り出されています。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

本体右側にはヨーロッパのラジオによく見られるFM用周波数プリセットVRと切替スイッチが付いています。

FMプリセット用確認メータ、Sメーター、FM用センターメータが付いております。

ドイツ語表記の下に英語表記が印刷されています。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

本体内部の全体写真
木製のフタ部分にフィルム状のT型ダイポールアンテナが貼ってありました。

左部分にパワーアンプ部、中央部分にチューナ部、右部分に電源とFMプリセット部が配置されています。

AM用内蔵フェライトバーアンテナは外部から方向調整できない作りになっていました。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

出力部パワートランジスタとその駆動部、チューナ基板の写真

パワーアンプ駆動部とプリアンプは同じ基板にまとまっています。MM用フォノアンプは搭載されていませんでした。

音質調整はとバランス調整はスライド型VR。その下にスピーカ系統切替スイッチ、ノイズフィルタ、ランブルフィルタ、トーンコントロールバイパス、モノラル切り替えスイッチを搭載。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

出力用パワートランジスタは なんと2N3055のプッシュプル!!。

2N3055といえば電源レギュレータ用として多用されているのでタフなイメージはありますが繊細なオーディオ出力に使うことは考えたことがありませんでした。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

FMプリセット周波数確認メーター、信号強度、FMセンターメータです。一番右の大きいツマミは電源スイッチです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

チューナ基板

RF増幅部はシールドされていました。

比較的新しい機種だと思いますがLW/SW/MWのバンドは健在です。短波のコイルもコンパクトにまとまっています。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

FM-MPX基板

FMマルチプレクサ基板は相変わらず独立しています。この独立した作りは輸出を考慮した設計でしょうか??
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

オーディオ情報をお探しの方はこちらからどうぞ → 【オーディオ】

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)