Raspberry Pi モデルB上でmotionの検証開始^^

動作検証のため、ARMの小型マシンRaspberry Pi モデルBを弄ってみます。

聞いた話では
Raspberry Pi上のLinuxで動体検出ソフトmotionを使いUSBカメラを複数(2台)接続すると
動作が不安定になりmotionが止まってしまうとのことでした。
(カメラ1台では安定して動作する)

以前、Pentium4上のubuntuでmotionを弄った時は負荷の軽いアプリだという印象があったので、
まさかカメラ2台で止まることはないかと思いつつ、ネットで調べてみると
カメラ2台接続で使っている人も多いようです。
DSC00186
借りてきたRaspberry PiにRaspbianを新規インストールして検証してみます。

今後、私の持っているRaspberry Pi モデルBも取出してLinuxで遊んでみる予定!
DSC00187
こんなに小さな基板でも ARM1176 700MHz メモリー512MBと立派なマイコンです。
(まぁ、このサイズならAKI-80の方が好きですが、AKI-80は勉強しないと使えないし・・・^^;;;)
USB,LAN,Audio,HDMIに加えGPIOが出ているところが趣味のマイコンですね!

とりあえず、インストールしてみると立派にLinuxが動作します。
DSC00185

4GBのSDメモリでは、OSセットアップだけで残り容量が2%になってしまいました

Raspberry Piは面白そうなので引っ越し後はカテゴリを追加予定です^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)