収集物の思い出【コンピュータ】:SOTEC/Afina style AFS280D

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

収集物の思い出【コンピュータ】:SOTEC/Afina style AFS280D


ソーテックの面白いデザインをしているAfina style の最上位モデルAFS280D、メーカ品のWindowsPCの中では一番好きなモデルです。

AFS270と280を所持していましたが、キーボードが半透明な280よりも270のキーボードの方が好きです。

納期直前のプログラムを書いているとき、このPCを使ってコーディングすると少し気分も楽になります。

癒し系PCです。

12.1型ですがXGAのTFTを搭載し、280はDVDも付いて活用方法によってはかなりイケてます。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

蓋(キーボード部)を閉めたところ。

蓋を閉めるとCDプレーヤの操作部のみ見えています。

全般的に良くできた好きなマシンですが、CDやFMラジオの電源スイッチ部が安っぽくて残念なことになっています。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

元箱。

私はお店でこの箱を見たら欲しくなって買って帰ると思います。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

AFS270TXを分解してみたところ。

168PinDIMMスロットが2個ありメモリーの拡張性は十分。

CPUは270がCeleron700MHz,280がCeleron800MHzだったと思います。

チップセットがSiSのSiS630Sだったので拡張性も期待できそうです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

miniPCI用と思われるモデムカードがマザーボード上に無理やり亀の子状態で取りついています。これなら無線LAN内蔵の改造もOKかもしれません。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

Celeron700MHzにしては大きめのヒートシンク。

特殊な形の筐体をしているので、放熱の問題を考慮してでしょうか?横長の大きめのヒートシンクが付いています。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

XGAディスプレイ、DVD-ROM、地上波TV、FM受信機、PCMCIA、USB,モデム、LAN、ステレオスピーカー、キーボード、というほぼ究極のオールインワンパソコンに仕上がっています。

難点だったのは電源アダプターが外付けだったことくらいでしょうか。

プレインストールのWindowsMeがポンコツだったので、AfinaStyleというシステム自体の価値を下げてしまいましたがWindows2000で使用できていたので、安定性の問題はクリアできました。

やはりAfinaStyle AFS280Dは名機だと思います。

[PR] コレクション紹介のサイトを作成するならこちらがおすすめ(^^)