PSG増設は容易ではなさそう・・・

メモリ増設も目途が立ったので、次のターゲットであるPSGについて考えてみました。

以前、別のマイコン用に作ったPIA基板をS1用のレジスタアドレスに変更して実験開始。

たぶんダメだろうと予想し、取り付けてみたところ予想通りのNG

ghs4gj room
なぜダメなのかと言うと、この有名なGI社PSGはアドレスバスとデータバスがマルチプレクスになっていてレジスタ選択用の信号に細工が必要になるそうで、使いにくいと紹介されている。

ヤマハのFM音源チップ等はレジスタ選択用の信号があるのでCS#を作ってR/W#で操作してあげればそのまま使用できそうだがAY-3-8910はそうはいかなさそう。

S1の回路図を見たときすぐに増設できそうと思ったものの、よく調べてみるとカスタムチップのYGM003がBDIRとBC1の信号を作っているからであって、増設する場合はそうもいきそうにない。

AY-3-8910のデータシートによると

BDIRとBC1が同時にHでアドレスラッチ→レジスタ選択

BDIRのみHがデータ書き込み

来夢来人内蔵のAY-3-8913の信号を見ると、たしかにYGM003ではアドレスラッチとデータ書き込み処理をやっていた。 続きを読む PSG増設は容易ではなさそう・・・