シリアル増設ボード完成したものの 動かないのは何故!?

製作中の来夢来人用シリアル増設カードが当初の設計通り完成しました。 (*^_^*)

ghs4gj room

十分配線チェックして、IC類を取り付けます。ghs4gj room

おぉ~ なかなかカッコいい (*^_^*) 6850が反対向いているのはクロックラインを最短距離で配線するため。

I/OはE:FFC4~E:FFC5に加えF:FFC4~F:FFC5でモードB(レベル3)にも対応しています。(来夢来人では関係ないですが・・・)

本家のS1でも使用できるようにCOM1~COM4にI/Oを割り当てたいところですが、I/Oアドレスが分からないのでCOM0でいきます。

DSubコネクタは接続しやすい9ピンタイプを使用。

TxDとRxD/RTS/CTSはクロスにしておき、直接PC-PC間で接続できるようにし、早速ループバックテスト

んっ!

反応なし

BASICのOPENコマンドもエラー、TERMもエラー、モニタモードでレジスタFFC4を見てもFFのまま。

ACIAは認識されていない様子。

アドレスデコーダの計算ミスかと思い、FFC4とFFC5にPOKEしてみると

反応はある (1:CS# 2:R/W# 3:CPUE)ghs4gj room
FFC4もFFC5も反応はあるので、アドレスデコーダはOKそう。

R/W#は6800系ファミリなのでそのまま使えるはずだし・・・・・

設計が悪いのかな!? 調べるのもこれ楽しみ (*^_^*)

モニタ用LEDを付ける

基板の一部に空きスペースがあるので、ラインモニタ用のLEDを付けてみる。

おそらく1200bps以上の通信速度だと点滅が早すぎて意味が無いのは分かりつつ、とりあえず付けておく。ghs4gj room
インバータはオープンコレクタの7405があったのでこれを使用。

本来ならシュミットトリガの石を使うんだろうと思いますが、手持ちがないので05でやってみる。

6回路分あるので、RS232C以外の信号も監視しておきたいところ・・・・

以前から気になっているVMAとEX-IO、EX-IO2を見ることにしよう (*^_^*)