XPortデバイスサーバの使い方メモ (03R)

イーサネットーシリアルの変換器のXPortを使う機会がありましたので、使い方をメモ

XP-2002000-03R

XPortを使えばシリアルICの6850や8251と組合せてイーサネット通信ができるということで便利アイテムっぽいです。

XPortメモ

XPortのサイト → https://www.lantronix.com/products/xport/
設定ツールの入手先 → http://ltxfaq.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/644
電源は3.3Vなので注意
購入時はDHCPになっている →検索するとベンダ名は’PRONET GMBH’で出てきた →  固定IPにしたいときはツールで設定
接続は telnet で ポート:10001
購入時は9600bpsになっているっぽい

ラズパイのシリアルポートに繋げた場合
ラスパイ3からは /dev/ttyS0 と /dev/serial0 が応答した
ラズパイ3で/dev/ttyS0はコンソール動作可能なので無効にする必要あり→ 同時にユーザプログラムから/dev/ttyS0は使用可能
ポートの状況確認方法 stty < デバイス名 でポートの状況を確認できる 例) stty < /dev/serial0

変換基板もどき

続きを読む XPortデバイスサーバの使い方メモ (03R)