NEC PC-9821Ra300 CPU換装メモ

NEC PC-9821Ra300 CPU換装メモ


既に手放したPC-9821Ra300/PC-9821Ra43ですがCPUを交換したときの情報が今後必要になる可能性もあるのでメモしておきます。

Pentium3 1.13GHz ES版 QEJ1ES への交換

PC9821RaのマザーボードはES版のみCPU倍率を変更できるジャンパ有り。

(ESでない場合このジャンパは無効)

このジャンパ設定+ES版ペンティアム3でITF無改造のPen3 800MHzの98にアップグレード可能。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

QEJ1ESをPC9821でも安定稼働のできるPowerLeapのPL-iP3/Tに装着しコア電圧を1.75Vに設定する。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3   ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3
QEJ1ES                                PL-iP3/T

当時調べたジャンパ設定はこちら。

 

RaのCPU倍率設定(ES版CPUのみ有効)
**

**
*12.0

**
**
11.5
**
**
**
*10.0 **


**
9.0
**
**
*8.0
**

**
*6.5 **

**
**
*5.5 **
**
**
**
*4.0
↓440FX側      – JUMPER    ** OPEN

 

ITFを改造すればさらに上のCPUに換装可能のようですが純なPC9821では無くなるため、98ファンとしては無改造ITFにこだわりたいところ・・・・

まぁCPUを交換している時点でオリジナルのPC9821ではありません。

[PR]オススメ


ちなみにES版のQEJ1ESまで入手しなくても普通にCeleronの766MHzもOKでした。

ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3   ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3
Celeron766MHz                      PentiumIII QEJ1ES

HDBENCHによるベンチマーク結果は以下の通り。

CPU速度 HDBENCH3.4β6 Windows2000Pro
項目 Celeron@433Mc Celeron@766Mc QEJ1ES@800Mc
Freq 432.79MHz 765.35MHz 799.01MHz
Integer 19720 34898 36416
Float 19643 34761 36278
Ave 19681 34829 36346

Celeron766とPen3 800はほぼ同じ結果となっています。

ES版Pentium3は自己満足の世界でした・・・・

2011.07.12追記

CPU用電源レギュレーターに放熱板を付けなければ過加熱で故障するらしいので、CPUを交換した際は注意が必要。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

PL-iP3/Tのジャンパ設定
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

[PR] PC-9801の情報を発信するならコチラがオススメ!!

スポンサーリンク

「NEC PC-9821Ra300 CPU換装メモ」への2件のフィードバック

  1. こうして98見てるとまた欲しくなってきますね…
    今は予備で9821Na7を1台残してあるくらいです。
    自分はH98が大好きだったので一時H98ばかりを
    ジャンク屋から購入して使っていましたが
    model100をクロックアップしてAM5x86を刺す
    程度で終わってしまいましたが
    PCのパワーアップで「早くなった!!」って
    一番感動したのはコレくらいでしたね(^^;

  2. >えみなさん
    H98といえばN5200のModel105はH98系だったので欲しくて探していましたが結局入手できず・・・
    私はFA屋なので、FC9821系には未だにお世話になることがありますよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)