収集物の思い出【コンピュータ】:日立/MB-S1

[PR] 昔のコンピュータが好きなあなたにピッタリ!!メカニカルキーボードをどうぞ!

何でも集めていた頃の思い出を振り返ってみます。

今回、ご紹介するのは

収集物の思い出【コンピュータ】:日立/MB-S1


日立のベーシックマスターレベル3 Mark5の次に使用していた思い出のPCです。

CPUにモトローラの68B09Eを使用、S1モードでは2MHzで動作するという当時としては高速なパソコンでした。

CPUが高速で、I/Fやメモリ空間に特に不満も無くすばらしいパソコンだったのですが、グラフィックが200ラインだったのが致命傷でした。

当時といえばライバル機は同じ6809系のFM77やZ80系のMZ-2500がいち早く400ラインに移行。

S1ユーザーの私としては悔しいばかりでしたが、使いやすいS1-BASICが気に入り16ビット機のN5200に移行するまでメインPCとして長い間使用した思い出のPCです。

既に現役を退き、売却前に撮影したMB-S1 モデル10

右下にSYSTEM-A(S1モード) SYSTEM-B(レベル3モード)を切り変えるスイッチが付いていました

MB-S1/10の特徴は軽い本体重量。 大きさのわりに持ち上げたときの軽さに驚いたものでした。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

左側には小型のスピーカーを内蔵し、内蔵のPSG音源で当時流行のゲームミュージックをプログラミングし再生していました。

3和音8オクターブのPSG音源で再生される音楽は非常に魅力的^^

といっても、自分でゲームミュージックをプログラミングできるわけもなく、ベーシックマガジンのゲームミュージックコーナーでFM-77用F-BASICのソフトを移植し入力していた思い出があります。

F-BASICとS1-BASICは同じ6809系PCの流れを汲んで移植性抜群でした

当時自慢げに使っていたSYMBOL命令などは6809系のメリットかと思っていましたがZ80系パソコンでもあったんですね。

このS1のエンブレムが誇らしげでかっこよかったです。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

その後、2HDのFDDを搭載したMB-S1/40が私のコレクションにやってきました。

S1/10の重量が異常に軽かったのに反比例し、モデル40の重量は非常に重かった思い出がありますghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

モデル10には搭載されていなかった漢字ROMを搭載し何か応用できないかと考えていましたが、特に活用方法もなく結局モデル10をメインに使用するというもったいなさ。

また、モデル10には搭載していなかったRS232Cのコネクタが搭載されていたためS1-BASICでターミナルやアマチュア無線用のRBBSなど作成し楽しみました。

この頃は2HDのFDDにデータを記録してもそこそこのRBBSを運用できてましたよね。

モデル40のエンブレム (私はモデル10の方がかっこいいと思います)ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

もう廃棄処分する前に撮影したS1のキーボード写真です。
S1のキーボードの特徴としてカールコードの劣化が多くみられます。

私の所持していたS1のキーボード3個の全てでカールコードがボロボロになっていました。

おそらくみなさんのキーボードもカールコードが痛んでいるのではないでしょうか???ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2

ベーシックマスターレベル3の頃に使用していた 2DD 2デッキのFDD外付けドライブMP-3560と一緒に撮影した写真です。

MP-3560はS1のSYSTEM-AモードのS1-DISKBASICでも特に問題なく使用でき、重宝しました。

モデル40で使用した場合、FDD4デッキを達成でき満足感もありました。

ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.2    ghs4gj room

振り返ってみるとMB-S1は時代がパソコンをいじっている時間で一番楽しかった時代でした。

現在ではかなり入手困難なPCになってしまいました。

押入れからS1関係のマニュアル類が出てきたので少しずつ情報を掲載していきたいと思います。

まずは拡張機器の型式から

MB-S1 周辺機器情報
品名 型式 MODE
感熱プリンタ MP-1020 共通
ドットインパクトプリンタ MP-1041/AR-1046 共通
MP-1050/AR-1055 共通
漢字プリンタ MP-1052 共通
MP-1053 共通
MP-1053用第2水準漢字ROM MP-9742 共通
MP-1053用オートシートフィーダ MP-2931 共通
MP-1053用簡易インサータ MP-2932 共通
CMTデータレコーダー TRQ-359 共通
TRQ-1500/2400 共通
マウス MP-3710 A
ビデオスーパーインポーズカード MPC-VS01S A
RS-232Cコネクタ (レベル3用と共通) MP-9732 共通
S1拡張ボードA (72P-2ポート) MPC-EX01S 共通
S1拡張ボードB (56P-2ポート) MPC-EX02S 共通
S1拡張ボード (72P-3ポート) MPC-EX03S 共通
S1拡張ボード (72P-2ポート/56P-2ポート) MPC-EX04S 共通
S1拡張ボード (72P-4ポート) MPC-EX05S 共通
拡張ボードA用ミニフロッピーディスクカード(2台4ドライブまで可) MP-1870 共通
拡張ボードB用ミニフロッピーディスクカード(2台4ドライブまで可) MP-1802/A 共通
拡張ボードA用8インチFD用I/Fカード MPC-FL01 A
拡張ボードA用高密度ミニフロッピー用I/Fカード MPC-FL03 A
5インチ ミニフロッピーディスクドライブ (両面倍密度) MP-3550/3560 共通
3インチ コンパクトフロッピードライブ (片面単密度) MP-3370/3375 B
5インチ ミニフロッピーディスクドライブ (両面高密度) MPF-510S A
5インチ ミニフロッピーディスクドライブ (モデル30増設用-両面高密度) MPF-551 A
拡張ボードB用標準フロッピーディスクカード(2台4Drvまで可) MP-1806 共通
拡張ボードB(MPC-EX02S)用コンパクトフロッピーディスクカード(Bモード専用) MP-1805 B
8インチ ミニフロッピーディスクドライブ MP-3630/3660 共通
DISK-BASIC 5インチ A(S1)モード用 MA-S101 A
DISK-BASIC 5インチ B(LEVEL-3)モード用 MA-5320 B
DISK-BASIC 8インチ A(S1)モード用 MA-S102 A
DISK-BASIC 8インチ B(LEVEL-3)モード用 MA-5310 B
DISK-BASIC コンパクトフロッピー B(LEVEL-3)モード用 MA-5370 B
コンパクトフロッピーディスクドライブ MP-3370/3375 B
拡張ボードA用拡張RAMカード 64KB MPC-RA64S 共通
拡張ボードA用拡張RAMカード 128KB MPC-RA128S 共通
拡張ボードA用拡張RAMカード 256KB (モデル30/40用) MPC-RA256S 共通
拡張ボードA用拡張RAMカード 512KB (モデル30/40用) MPC-RA512S 共通
拡張ボードA用漢字ROMカード (第一水準漢字+単漢字辞書+3ストローク変換辞書) MPC-KA01S 共通
拡張ボードA用漢字ROMカード (第一,第二水準漢字) MPC-KA02S 共通
拡張ボードA用68008カード 40000 MPC-68008 A
MPC-68008用CP/M-68K OS MPC-RA128が必修 80000 MPC-CPM68KA A
拡張ボードA用通信ROMカード (Aは漢字ROM無版) MPC-CM01(A) A
電話回線直接接続用 モデムボード 25000 MPC-MD01 A
増設RS-232Cカード MPC-RS01 共通
ビデオスーパーインポーズカード MPC-VS01 A
DMAカード (OS-9用400ラインソフト込) 25000 MPC-DM01A A
OS-9セット モデル30-40用 2HD 3スロット仕様 79800 MPC-OS9A A
OS-9セット モデル10-20用 2D 2スロット仕様 79800 MPC-OS9B A
MSX仕様ジョイスティック 3500 MPN-8001/2H AV10
MSX仕様手書きタブレット 19800 MPN-7001H AV10
拡張ボードB用漢字ROMカード (Aも同一仕様) MP-9740/A 共通
拡張ボードB用増設プリンタカード MP-1810 共通
拡張ボードB用PIAカード MP-1895 共通
拡張ボードB用増設RS-232Cカード MP-1820 共通
拡張ボードB用サウンドカード MP-9720 B
拡張ボードB用単密用標準フロッピーIFカード (MP-3540/3370用) MP-1805 B
拡張ボードB用標準フロッピーIFカード (MP-3560用) MP-1806 共通
モノクロ 12型CRT 2000文字(80*25用) グリーン長残光 K12-2070P 共通
モノクロ 12型CRT(L3用) K12-2055G 共通
カラー 14型CRT 7色 2000文字(80*25)長残光 高精細 168000 C14-2170 共通
カラー 12型CRT 低価格品 89800 C12-2120 共通
カラー 12型CRT 低価格品 99800 C12-1210改良版 長残光 15色 C12-2121 共通
カラー 14型CRT 15色 (/A)は全面フィルタを追加版 108000 C14-2190/A 共通
RGB 21P接続ケーブルS1 C15-B01 共通
VHFコンバータ(MP-9781はVHF CH2/3切替可能) MP-9780/9781 共通
音響カプラ (RS-232C接続) MP-3760 共通

P.S
久しぶりにインターネットでMB-S1の情報を検索中にS1には400ラインモノクロというモードがあるという情報を見つけました。
私がS1を使っていた頃は気づきませんでした。・・・・

その他ONKYOのオーディオ機器に全く同じMB-S1という型式の機器があるんですねぇ~。


2011-02-07追記

MB-S1モデル30/40の回路図が出てきました。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

CMT回路などアナログチックな部分
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

基板の配線図などもありました。
ghs4gj room [ALL IS VANITY] Ver.3

キーボード周りの回路も確認しましたがはシンプルでいいですね~ぇ。
ROM化されたマイコンではなさそうなので自作な感じです。

一度手放したMB-S1ですが、最近また欲しくなってしまいました。
譲って頂ける方がおられましたら、コメントをお願い致します(*^_^*)

 

スポンサーリンク

「収集物の思い出【コンピュータ】:日立/MB-S1」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    MB-S1懐かしいですね。
    当時中学生で、親が買ったレベル3を使っていましたが、S1 Model40が欲しくてたまらなかったです。
    結局はレベル3の後はX68000になりましたが・・・
    400ラインの件ですが、MZ2500もFM77も、400ラインはモノクロのみで、それはS1もおなじだったと思います。
    もっともS1だとインタレス表示になるでしょうか・・
    8ビット機で400ラインのカラーはX1Turboくらいではなかったかと思います。
    そういえばレベル3用に、400ラインカラー表示するボードの回路図が月刊I/Oに出てましたね。
    S1で致命的だったのは、時期が遅すぎたのとソフトの少なさだったと思います。

  2. >MB6890Userさん
    コメントありがとうございます(*^_^*)
    MZ2500もFM77も400ラインはモノクロだったんですね。
    どちらの機種も当時遊んでいましたが、400ラインモードは使ったことありませんでしたね。
    この記事のS1は数年前ヤフオクで売却しましたが今思えばModel10か40のどちらかを残しておけばよかったと後悔中です・・・・
    現在はレベル3MARK5本体とCRTのみ手元に残っていますが、DISKBASICとFDD装置を手放してしまったのでこちらも利用価値が下がってます(泣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)