PC-DOS J2000 発見

8ビット機エミュレータで使用しているD88やD77イメージファイルを
FDに書き戻してみたいのでツールを探してみました

最近でも入手できてFDに書き戻しができるツールとしては88エミュレータ用のDITTというツールがあるようです。

こちらはNT系のOSでは動作しないようで、MS-DOSかWin95/98を必要とするようで、
当然Win7では動作しませんでした。

先日、BIOSTARのU8668にWindows98をインストールしてみたところ、
メモリ不足のエラーが出てしまったので作業中断。
U8668の情報ページを見る限りではWin98は対応しているようなので、
原因の調査は必要ですが、そこはサクっとMS-DOSを入れた方が手っ取り早いので
MS-DOSで行こうかと・・・・
http://www.biostar.com.tw/app/en/mb/introduction.php?S_ID=242#dl 

MS-DOSを探してみたところ引っ越し荷物の中からPC-DOS 2000が発見されました (*^_^*)
PC-DOS2000

昔PS/V Vision #2408-NTBを使っていたときに購入したもので、PC-DOS J7.0VのY2K対応版です。

MS-DOSなのに2HDフロッピ11枚構成という豪華版
PC-DOS2000

 

説明書もOS/2 v2に並ぶ分厚さです。
PC-DOS 2000

箱の裏には機能の特徴がありますが、懐かしい機能がたくさん見えます
PC-DOS2000

なんだか、PC-DOS2000とは関係ないFDも発見。何かに使えるかな!? 一応保存しておこう (*^_^*)
PC DOS2000

今となっては貴重な部類に入ってきました。

まぁ、16ビット以上の機器に魅力を感じない私としてはDITTを動作させるための手段に過ぎませんが・・・・・

これでMS-DOS環境のマシンを用意できそうです。(*^_^*)

スポンサーリンク

「PC-DOS J2000 発見」への4件のフィードバック

  1. あれだね。
    早々にディスクイメージにしておいた方がいいね。
    いつディスク読めなくなるか・・・

    1. 既に読めなかったりして・・・・
      今のところ、1.44MB 2HDのコピーすらできるマシンが無いよ^^;;;;
      今度、良さそうなやつ持ってきてね(*^_^*)

  2. もしや・・・アレじゃない?
    WindowsXPのフロッピー作成で「システムを書き込む」にして起動DISKにしたら使えたのでは?

    1. その方法でもMS-DOSの英語版起動ディスクは作成できるね。
      でも、目的のDITTはメッセージが全角表示なのでできれば日本語MS-DOSがいいかな。
      これをインストールして純なMS-DOSマシンを作ろうと思ったけどまともなATX電源が見当たらない・・・
      道のりは長いよ^^;;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)