日立 MB-S1 SASI-HDD接続作戦 その9 (物理フォーマットOKっぽい感じ)

Last Updated on 2014年8月1日 by kabekin

S1のSASI-HDD接続作戦のその後です。

6809活用研究の169ページ リスト11にHDDのパラメータ変更を行い実行させてみました。
何かが起こった時に内部の様子が見やすいようにS1本体、HDDユニットとも全開で作業開始です^^
DSC01667
159ページの解説によると$D000番地からのINIT部でHDDにパラメータをセットし、$D100番地のFORMAT部で物理フォーマットするようです。

パラメータは→こちら
EASY-S1を起動し、リスト11をアセンブル!
$D000番地を実行します^^
無事Readyで戻ってきました

それでは いよいよ$D100番地を実行。

HDDユニットのアクセスランプが点灯し、ヘッド用のステッピングモータが0%位置付近の角度に移動しました。
DSC01670

その後3分程度で約90%の角度まで移動しReadyでBASICに戻ってきました。
DSC01675
$D100番地からのプログラムはSASIのグループ0コマンドの$4(Format)コマンドを実行しているようです。

BASICに戻ってきたということは、SASIの「セレクションフェーズ」から「メッセージフェーズ」迄の一通りのハンドシェークは正常に行えたということだと思われます^^

ヘッド用ステッピングモータの角度から見てもOKそうなので、物理フォーマットは無事に終了したようです。
DSC01673
170ページのRTC.BASを少し変更してRTC部分のチェックも実施!

30年引いた日付で設定後、正常にカウントしています.
DSC01641
SASI-IF部、RTC部ともS1-BASICでの動作確認はできたので、今回頂いたカードのハード的動作確認はOKになりました(^^)

S1からのキー操作でHDDが応答する・・・ かなり感動的な光景です!

さて、OS-9環境へのソース流し込みを頑張りますかな(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください