PSE (Portable Screen Editor)を借りる

Last Updated on 2015年3月17日 by kabekin

公共図書館の相互貸借を利用して以前から気になっていた、
PSE Portable Screen Editorを借りてみました。
DSC00169
その昔、パソコンワールド誌で連載されていたMS-DOS汎用のテキストエディタでC言語で書かれているエディタだそうです。

パソコンワールド誌は何冊か持っているのですが、
連載が掲載されている全ての号は持っていません。
全ソースコードが掲載されていることを期待していたのですが、
内容はオペレーションマニュアルでした。
(ソースコードの記載は全くありませんでした^^;;;)
MS-DOS機やUNIX機への移植方法も少しだけ触れられていますが、数ページです。
そうなると何とかしてパソコンワールド誌の掲載号を見つけて
国会図書館に依頼してみたいと思います。
MS-DOS汎用のフルスクリーンエディタで正規表現やマクロが使えるエディタは魅力的です。

ANSIモードではB16でも問題なく動作しそうなので、B16ユーザの皆様も注目のエディタかと・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください