Raspberry Pi 立上げメモ (NOOBS v1.9.2)

なんだか毎回同じことを調べてしまうので、断片化したノートのメモを整理・・・^^;;;
以前使っていたNOOBSとは「IP固定化」と「Sambaのグローバル設定」の設定方法が変わっている模様

① NOOBS v1.9.2インストール → インストーラに従う  (DL先リンク )
Languageは日本語, Keyboardはjpに変更してインストールを進める。
SDフォーマッタのDL先  → SDFormatter
2016/11/08追記→インストール時はオンラインで行うとPIXELが入った新版OSをインストールする可能性があるのでオフラインが良かも・・

② rootパスワードの追加とpiのパスワード変更
sudo passwd root でパスワード変更
sudo passwd pi でパスワード変更
( 初期ユーザ名pi パスワード raspberry )

③ 文字化け対策
実施前にupdateしておかないと取得エラーになるので注意
フォント → sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname
FEP → sudo apt-get install uim uim-anthy
CUI用 → sudo apt-get install jfbterm
参照元 → https://www.out48.com/archives/895/

参照元 → http://kazubeiblog.blog90.fc2.com/blog-entry-265.html

④ 不要パッケージ削除
sudo apt-get purge claws-mail
sudo apt-get purge libreoffice*
sudo apt-get purge geany
sudo apt-get purge greenfoot
sudo apt-get purge wolfram-engine
sudo apt-get purge bluej
sudo apt-get purge sonic-pi
sudo apt-get purge scratch
sudo apt-get clean
sudo apt-get autoremove

⑤ IP固定の設定

/etc/dhcpcd.conf の最後に追記
(/etc/network/interfaces では NGだった)

 

⑥ raspi-config で設定
sudo raspi-config
・CUIでログインする設定にする
3 Enable Boot to Desktop/Scratch」を選び、
「B1 Console Text console, requiring user to login」で「了解」を選択
(Xでスタートするのに戻す場合
B3 Desktop GUI requiring user to login」で「了解」を選択)

・SSH / SPI / I2C / シリアルの有効化及びホスト名設定
A2 HostName → raspi
A4 SSH  → Enable
A5 SPI → Enable
A6 I2C → Enable
A7 Serial → Enable

・I2C用追加設定
/boot/config.txtに追記
dtparam=i2c_arm=on ← 1.9.2では既に入っている

/etc/modulesに追記
snd-bcm2835
i2c-dev

・I2C用ツールのインストール
sudo apt-get install i2c-tools
i2c-toolsの使い方参考 → http://www.hogetan.net/note/memo/pi_i2ccmd.html

I2C工作の参考 → サイト1 サイト2

⑦ sambaインストール
・共有フォルダ作成
オーナをpi:pi(777)でフォルダ作成する /share

sudo apt-get install samba samba-common samba-common-bin でインストール

・Sambaの設定ファイル編集

⑧ OS & DB & パッケージ更新
sudo rpi-update
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

⑨ SDイメージバックアップ
インストールしたSDのイメージバックアップを取る場合
Win32 Disk Imager → http://sourceforge.jp/projects/sfnet_win32diskimager/
(ImageFile欄はHDD内のイメージファイル名,  DeviceはSDメモリドライブ名)
Read=SD->Image, Write=Image->SD

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)