HITACHI MB-S1/10が故障していた

Last Updated on 2018年9月8日 by kabekin

Z80Bカードの配線チェックが完了したのでカードチェックのためMB-S1/10を実家から持ってきました。

64KBメモリが増設されたS1/10です。
2D用FDD I/F MP-1870も付いていましたが、肝心のFDDデッキが無いので取り外しています。

カードの動作が確認できるまではデータレコーダで我慢・・・

カードが完成したらS1/30に取り付けてCP/M80の移植を進める予定でした
が、電源を入れてみたところ。

グラフィックまわりがおかしくなってます(泣

2年前に動作確認したときには特に問題なく動作OKだったのですが壊れました
物置での保管だと危ないので、室内に保管してたのに・・・
まるでLUXの出力トランスのように置いているだけで壊れてしまうようです。

S1モードは文字が表示できるのでなんとか使えますがL3モードはダメなようです。

しかし、
Z80Bカードの動作確認はS1モードのみなので、NEWON1でテキストモードでは使い物になります。

これならOK!

なんとか使えますが、手持ちのS1/10は全滅になってしまいました。
以前ebayで購入したS1/10もグラフィック系の不具合後に起動不能になったので似たような故障だと思います。
http://asakita.net/kabekin/2013/03/3326.html
そう考えるとS1は結構故障率が高いような気がします。

FMだとゲートアレイ化されたNEW-7が壊れやすい気がするので、やっぱりゲートアレイ化されたマシンは壊れやすいんですかね。

残りはS1/30と来夢来人なのでS1の手持ちも少なくなってきました。
レベル3はそれなりに手持ちがあるので、Z80カードが完成したらレベル3に移行します^^;;
全部壊れないうちにZ80カードが完成できればいいのですが・・・

S1の同じような不具合を修理された方がおられましたらアドバイス下さい

そんなS1/10が故障した記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください