6BM8と6GA4の真空管アンプ発見^^

スポンサーリンク

FDDを保管してあるタンスと同じタンスから真空管アンプが出てきました。

出てきたのは6BM8シングルと6GA4のプッシュプル

以前はたくさんの真空管アンプを持っていましたが、残しているのは数台です。

この6BM8のシングルはMMのフォノアンプとトーンコントロールアンプ内蔵。
プリメインなのでS/Nを良くしようと電源の平滑コンデンサを大量に載せました。
MMフォノアンプは12AX7, トーンコントローラは12AU7
整流管は6X4のパラ

それでも、S/Nがいまいちなので、6GB8パラ、EL156パラ、6080パラで安定化した直流電源を製作
この電源でハム音は完全に除去できました^^

http://asakita.net/kabekin/2011/02/181.html
6BM8のシングルアンプ用なのにオーディオ用の終段管をレギュレータに使った贅沢電源です
B電源は3系統あって気分によって定電圧制御に6GB8,EL156,6080を切替えて楽しめます^^
省エネモードは5AR4パラをシリコンダイオードに切り替えることも可能

6GA4のアンプは高校時代所属のクラブで顧問の先生に貰ったものです。

久しぶりに電源を入れるとプレートが赤熱して暴走するようです。
固定バイアスのppアンプのようですので、再使用にはバイアス調整が必要かと・・・

色々な真空管式オーディオアンプを作ったり使ったりしてきましたが、魅力のあるのは6BM8と6GA4のみでした^^

MJ誌や真空管アンプの本を読むと6GA4はダメだという記事を時々見かけますが、私は6GA4の音が好きです。
それも6GA4はプッシュプルで使うと真空管の音の柔らかさが分かるような気がします。
友達の2A3ppオーディオショップの300Bppと聴き比べても6GA4の方が音の温もりを感じられるような気がします。

というわけで

6GA4が好きです^^;;

オーディオマニアの方に言わせると6BM8はラジオの球と言われますが、
スベトラーナの黒プレート6F3Pをシングルで使って負帰還多めに掛けると最高の音が出ます。

6BM8や6GA4が好きと言っているレベルではオーディオマニアではなく無線マニアなのかも^^
6GA4はHIFI仕様ですがベースはテレビ球の6BX7だったはず

真空管アンプはラジオ球やテレビ球に本物の魅力がある気が・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)