avrdude.exeでATtiny85にソフトを書込んでみる

スポンサーリンク

yuyamaさんに教えていただいたavrdude.exeでATtiny85にソフト書込みをしてみました。

ArduinoIDEを使いArduinoUNO経由でATtiny85の書込みは成功しているのでLチカのソフトを使い
avrdudeに渡す引数を見てみました

転送したいhexファイル名を-Uflash:w:ファイル名.hex:i で指定するようです。
ツール名が stk500v1 になっているようですが、ArduinoIDEからの引数はstk500vなのでそのままいきます

作業フォルダにavrdude.exeとavrdude.conf、 HEXファイルをコピーして、Atmel Studio7でビルドした
FDDステップ2倍化のhexファイルをWindows10のコマンドプロンプトから書込みました。

実行結果は

と、特にエラーも出ず正常終了しました^^

マイコンに書き込んだソフトが正常に動作しているかチェックしてみます

ステップ信号2倍化基板はまだ組み立てていないのでロジアナで確認しました


7番ピンの入力立下りに対して6msで3番ピンの出力パルスが2個出ています。

無事に書込み成功のようです。

次回はold68funさんのブログのAtmel Studioからマイコンへ書き込んでみたいと思います^^

そんなATtiny85ソフト書込みの記録・・・


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)