HGSTのSATA HDDを修理 その2

HGSTの1TB HDD修理の続きです^^

ロットのかなり近いHDDをヤフオクで落札しました

故障していない使用可能品でしたが、部品取りとして作業開始

基板を外すとヘッドに行くと思われる端子がありました。

基板固定用のガイドピンがあるので、一度基板を外しても位置決めは問題なさそうです

半田吸い取り線でEEPROMを外します

綺麗に外れました^^

部品が小さすぎて老眼の私にはかなり厳しいレベル


ピンセットで挟みながらなんとか半田付け完了!


テスターでEEPROM廻りの導通を確認してPCにUSB-SATA変換器に取り付行けてみました

モータに行くフレキケーブルも復旧します。

電源オン!

んっ モータがカツカツと音をたてるだけで回転しません。

モータが回転しないとHDDとしても認識されないようで、何も応答しません・・・

どうやらEEPROMを交換するだけではNGのようです

残念!

業者に頼むと10万円以上かかる作業、素人でそんなに簡単にできるものではなさそうですね

そんなHDD修理失敗の記録^^

「HGSTのSATA HDDを修理 その2」への4件のフィードバック

  1. そういえば小田原に多分HGSTだったと思うのですが工場があったのご存じだったでしょうか?
    今は工場なくなっちゃってホームセンターやら別の建物に置き換わってしまいました。

    1. 小田原のHGSTは装置の立ち上げで何度か工事に行ったことがあります^^
      あの工場はなくなったんですね。
      近所のショッピングモールは行ったことが無いのですが、コロナワールドは週末にドライブでよく行ってました^^

  2. お久しぶりです。
    画像で見る限り同じようですが、基板の番号も同じでかすか?
    同じでない場合、コントローラ(LSI)内のファームウェアが違っている可能性があります。

    1. 基板の外観やIC類を観察した感じでは同じような構成のように見えますが、IC類の印刷フォントは違うので、内部は別物かもしれませんね・・・
      モータが回らないので全くダメでした。このHDDの復旧はあきらめます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)