PC-9801のN88BASICでデータレコーダを使ってみる

AIWA PV-2123モデムの取説と付属ソフトのソースを入手できました^^

と、いうわけでPC-9801のN88BASIC(DOS版)でカセットデータレコーダを使ってみました

最近ではモデムでパソコン通信をすることは無いので、普通のモデムであればほぼ利用価値が無いのですが
アイワの初期のモデムにはカセットレコーダ用端子があるのでRS232C経由でPCの補助記憶として使えると
宣伝されていました。

このカセットレコーダ端子はどうやって使うのか気になっていましたが、取説を入手し謎が解けました^^

PC-9801でデータレコーダを使う方法といえばCバススロットに取り付けて使用するPC-9801-13 CMTボードを
使うと思いますが、入手困難な上に、新し目のPC-98では使えないと聞いたことがあります
ここは、PV-2123を使ってN88BASICでデータレコーダを使ってみます

変復調機のモデムはアイワなので、データレコーダもアイワで揃えます。

ここは私が持っているデータレコーダ最高峰のDR-1を接続・・・
(DR-1とPV-2123との接続はモノジャックでなければだめっぽいです)

データレコーダ読み書き中は電話回線で通信している時と同じ感じです。モデムでのモニターも可能^^


ユーティリティソフトはこんな感じ

一応、アイワ公式のPV-2123用ユーティリティになるんだと思います
(こちらのソフトはPV-2123に別紙で付属されていましたが、工学社のI/O誌に全ソースが掲載されています)

SAVE中もLOAD中も変復調された内容は画面に表示されるようになっています

画面表示ができるということは扱えるのはASCIIのみで、バイナリファイルは扱えません

ということはDISKBASICで扱えるASCIIファイルのみSAVE/LOADできるユーティリティになっています

SAVEとLOADでデータレコーダのIN,OUTを差し替えないといけないのが面倒ですが、一応つかいものになるので
98でデータレコーダを使うという満足感を満たすにはいい感じの機器です^^

ALL BASICでリストの提供なので、当時でも自分で入力して使う必要があったんだと思います

そんなPC-9801でデータレコーダ使用の記録・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)