FC-9801Kでソニーの2インチデッキPDD-150を試す

ソニーのPC-9801用2インチデッキのデバイスドライバが入手できたのでFC-9801Kで使えるか試してみました

私の98マシン

内部に2GBのCF, 外部に5インチ拡張デッキを取り付けて、RAMドライブもあるので既にHドライブまであります
A,B,C,D=HDD(CF)/ E,F=5インチFDD / G=3.5インチFDD / H=RAMディスク(MELDISK)

FC-9801Kは小型でパワフルなのでお気に入りです。本当は98MULTI Canbeがいいのですが、程度の良いCanbeは
高いですね^^;;;


2インチデッキはCバスに専用のI/Fボードを接続する必要があるのでCバススロットが一つ消費されます

スロット3にCバス用3.5インチデッキも装着しているので残りスロットは1個です
残りの1スロットにいにしえのROMライター「KEM-901 やきいも 」を接続しています^^

CONFIG.SYSにPDD.SYSを登録するだけで使えるようです

引数=0が8086/V30マシン用設定、引数=1が286マシン用設定
FC-9801Kは486マシンなので引数=1にしてみました

CONFIG.SYSにドライバを指定後、再起動しPDD-150用のフォーマットコマンドFORMAT2.EXEで2インチメディアを
フォーマット後、DIRでディスク内容を確認すると

こんな感じで、何かおかしい様子・・・

取説を確認するとドライバに設定するCPU設定が違うとうまく動かない旨の説明がありました

と、いうわけでFC9801KのCPUモード設定をLOWにしてみます。

CPUモードをLOW設定にするとクロックも落ちるんだと思いますが、拡張メモリのメモリカウントもしなくなるので
CPUクロックだけでなく古い98仕様に近づくことを期待して再度チャレンジ

FORMAT2.EXEでフォーマットしてみると、正常にフォーマットできました!
2インチディスクにファイルをコピーして動作確認してみると

問題なく動作OK、486マシンのFC9801KでもCPUモードをLOWモードにすると正しく動作するようです^^

フォーマットはLowモードでしかダメなようなので、LowモードでフォーマットしたメディアをMidモードで
使うとどうなるか試してみると

ダメでした。DIRしてみるとファイル名の1文字目が欠損しています

と、いうわけで486マシンのFC9801KではCPUモードLowのみ正常に動作するようです。

古いデッキなのでしかたないですが、安定して使いたい場合はVX以前の286マシンで使うのがよさそうです^^



PDD-150の取説ですが、なぜだか技術情報満載です。

2インチデッキ用FDCのCXD-1103AQの詳細情報や回路図まで付いています



ソフトのディスクもバイナリファイルだけでなく、デバイスドライバとフォーマットのASMソースまで付属
されています。

PDD-150を2デッキ以上で使用する場合の方法が説明されていますが、DIPスイッチを変更するだけではダメで
デバイスドライバのソースでDEFを書き換えてMASMでアセンブル、LINKしてEXE2BINで変換するという
一般ユーザにはハードルが高い作業が軽く説明されています^^;;;

MS-DOS Ver3.3の頃には既にMASMは付属されていなかったと思いますが、PDD-150販売当時はMS-DOSに
MASMが付属されていた時代なんでしょうかね

このPDD-150は当時からワープロとのデータ交換用途よりマニア向け変わり種デバイスといった品物だったの
かもしれません・・・

そんなPC9801用2インチデッキPDD-150動作確認の記録

98関連のお探し物は是非こちらからお願いします → Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)