S1-CP/M80 移植作戦 その20 BIOSの作成4^^

BIOS09内のディスクI/Oのサブルーチンを考えています。

S1はFMと違い、ROM内にFDDのサブルーチンが無いので自分で作る必要があるみたいです。

FDCのMB8877を使った参考書としては「オーム社のマイクロコンピュータMC6809の考え方」が分かりやすく
お気に入りの書籍です。
この本はFLEX9中心の参考書ですが、この本を参考にS1CPM用のディスクI/Oサブルーチンを考えてみました。
S1はMB8876なのですがデータの反転を入れればOKではないかと甘いことを考え中^^

骨格は書籍の通りですが、S1固有の部分を合わせながら進めています。
(MC6809の考え方ではDRQをIRQとしてMPUに取り込んでいますがS1ではDRQはMNIに取り込んでいないっぽい)

6809活用研究に掲載のMP-1870の回路図を見るとDRQ,IRQは$FF04のリードで取得することが判明

ドライブ変更時に正常に動作しなくなったり、セクタを変えると暴走したりと問題点満載ですが、コードを晒しながら動作するように頑張ります^^

何か勘違いしていると思いますので、間違いに気づかれた方はご指摘下さい(^^;;
(アセンブラはMS-DOS用のAS63_DOS.EXEを使ってます) 続きを読む S1-CP/M80 移植作戦 その20 BIOSの作成4^^