「OLDPC」タグアーカイブ

FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

FM-7用に3.5インチFDDをファミコンのディスクシステムHVC-022の筐体に入れてみました。
ステップダブラー基板を入れてPC-AT用のデッキ(TEAC FD-235HG)を入れます。


今回使ったデッキは私が初めて使ったDOS/V機のIBM model2408から外して保管しておいたデッキで、
青いイジェクトボタン仕様。これはカッコいいです^^

当時DOS/V互換機も色々で回っていましたが、青イジェクトボタン機はIBMマシーンということで、なんとなく
優越感がありました・・・


ファミコンディスクシステムの筐体を加工していきます。

前面のパネルはプラスチック製で簡単に加工できます。

続きを読む FM-7 ファミコン用ディスクシステムの筐体にFD-235HGを入れる^^

複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows10で試す

以前から気になっていたYE-DATAの複合ドライブ YD-8V07のデバイスドライバ付きをメルカリで見つけたので、
購入してみました^^

中身はYE-DATAのYD-8V07との記載ですが製品名は星野金属のFCUI71YB MULE3というデッキのようです

3.5インチFDD、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、SDカードとひと昔前の
懐かしい記録デバイスが揃ってます^^

手持ちのメディアは
コンパクトフラッシュが32MB、
スマートメディアが64MB、
メモリースティックが32MB、
SDカードが1GBでした。
これでもフロッピの1.44MBと比べると大容量で便利でしたね~
続きを読む 複合ドライブ YE-DATA YD-8V07をWindows10で試す

FM7用ステップ信号2倍化基板の製作

6809 / 6800とFLEXのOld68funさんからFM7用のステップ信号2倍化回路の基板を譲って頂きましたので、
早速作って遊んでみました。

PICのICソケットは不要と気付いていながらICソケットを取り付けてしまい
8Pソケットを1個無駄にしてしまいました・・^^;;; 続きを読む FM7用ステップ信号2倍化基板の製作

FM-11 マンハッタンシステムのモジュールもROM化^^

R2PlusでのROM化ができるようになったので、同社のマンハッタンシステムのモジュールもROM化してみます。

マンハッタンシステムといえば、FM-11用OS-9上でCP/M80を動作させる夢のシステムです。

この手の古いシステムはハードの故障よりもメディアがダメになってソフトが壊れることのリスクの方が大きいのでROM化は有効な手段だと思います

と、いうわけでROM化開始^^

取説によるとマンハッタンシステムで必要なモジュールは
ApIf, ApDv, ResetAp, pOS9, pCPM, ReadCPM, CpmF5.0, CpmF5.1
CpmF8.0, CpmF8.1, Foster, Type, Epyt
の13個のようです。

これをメモリにロードしてOS-9のSaveコマンドでモジュールを結合します。

と、作業していると

pOS9がどうしてもロードできません・・・

モジュールヘッダが壊れているのかVerifyコマンドで確認してみると 続きを読む FM-11 マンハッタンシステムのモジュールもROM化^^

レベル3にASSIST09モニタを組込む その1^^

レベル3実機でプログラミングを楽しむ際にモニタの機能が貧弱で楽しめないことがあります。

FMシリーズの場合、色々な書籍に多機能なデバッガが発表されていますが
レベル3はほとんど見かけないので、6809のSBCでもお世話になっているASSIST09をレベル3に組込みました。

ASSIST09本体は書籍の通りでアドレス定義以外はオリジナルのままです。
レベル3の割込みベクタに差替える部分を追加して空ROM領域 $8000~に入れました。

そのままでは何故かレベル3のBASICROMサブルーチンが動作しないので、
ASSIST09の本来の使い方であるACIAを使うことしかできませんがレベル3でASSIST09が動作するのは楽しい^^;;

開発環境はWindows10 + MSDOS Player + 1890Aです


画面はこんな感じで、ROMに焼く作業手順は、 続きを読む レベル3にASSIST09モニタを組込む その1^^