SONY BVH-2500 1インチ VTR (BKH-2501)での編集方法メモ

■SONY BVH-2500 1inch VTR(BKH-2501)での編集方法メモ

条件:録画機がBVH-2500で再生機はBVH-2500と9ピンコントロールポートで接続されたVTR装置。
BVH-2500のREMOTE-OUT(9P RS-422A規格)から再生機に接続。

激安で入手したBVH-2500
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

内蔵されているエディタBKH-2501
ghs4gj room [ALL IS VANITY]

INSモード(映像の挿入開始位置のみ指定)

「操作手順」
1) 再生機の電源を入れる。(再生機のカウンター表示切替は「TC」ではなく「COUNTER」にする)
2) BVH-2500の電源を入れる。(カウンターは「TM1」にセットする)
3) コントローラのコントロールを「P」(再生機側)にする。
4) 「AUTO」ボタンを押す。
5) 再生機側で挿入したい映像の頭を出して、カウンターリセットと「ENERY-IN」をセットする。
6) 同じく挿入したい映像の終わりを出して「ENTRY-OUT」をセットする
7) コントローラを「R」(録画機側)にする。
8) 「AUTO」ボタンを押す。
9) 「INS」ボタンを押し、挿入するソースを選択する(「AUDIO1」~「VIDEO」をオンする)
10) 録画側のテープの映像を挿入する位置を頭だしして、カウンターをリセットし「AUDIO SPLIT」をオンし、「IN」ボタンで音声の挿入開始位置をセットする。それと同じ位置で「ENTRY-IN」キーで映像の挿入開始位置もセットする。
11) 「EDIT/REC」キーを押すと編集が開始される。

ASMモード(映像の挿入位置と挿入終了位置が指定可能)

「操作手順」
1) 再生機の電源を入れる。(再生機のカウンター表示切替は「TC」ではなく「COUNTER」にする)
2) BVH-2500の電源を入れる。(カウンターは「TM1」にセットする)
3) コントローラのコントロールを「P」(再生機側)にする。
4) 「AUTO」ボタンを押す。
5) 再生機側で挿入したい映像の頭を出して、カウンターリセットと「ENERY-IN」をセットする。
6) 同じく挿入したい映像の終わりを出して「ENTRY-OUT」をセットする
7) コントローラを「R」(録画機側)にする。
8) 「AUTO」ボタンを押す。
9) 「INS」ボタンを押し、挿入するソースを選択する(「AUDIO1」~「VIDEO」をオンする)
10) 録画側のテープの映像を挿入する位置を頭だしして、カウンターをリセットし「AUDIO SPLIT」をオンし、「IN」ボタンで音声の挿入開始位置をセットする。それと同じ位置で「ENTRY-IN」キーで映像の挿入開始位置もセットする。
11) 録画側テープの挿入終わり位置(再生側テープの挿入時間分)の位置で「AUDIO SPLIT」の「OUT」をセットし、同じ位置で「ENTRY-OUT」をセットして挿入終了位置をセットする。
12) 「EDIT/REC」ボタンを押すと編集が開始される

もっと本格的に調べたい場合は私の素人メモではなくこちらをどうぞ → ビデオ編集

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)