アドレスデコーダとRS232Cレベルコンバータの配線

ビットジェネレータの動作が確認できたので、残りのアドレスデコーダと232Cレベルコンバータの配線に取り掛かります。

ghs4gj room
メッキ線でランドにハンダ付けするのはあまりセンスは必要ないが、ビニール線で配線するとセンスが問われる。

ビニール線で配線すると一気にカッコ悪くなる。私は苦手です ^^;;;

レベルコンバータには5V単一電源で使えるMAX232を使用。

電源で楽をする代わりに外付け部品の電解コンデンサが沢山必要になる。

来夢来人の拡張I/Fにはマイナス電源が無いのでこれは仕方ないが、ちょっと面倒。
ghs4gj room

一応、内部の配線は終了。

あとは拡張I/Fへの配線とDSubコネクタへの配線。

すんなり動いてくれればいいが、どうだろう・・・・・・
ghs4gj room

早く実装してみたいところですが、焦りは禁物 (*^_^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)