日立 レベル3/S1用 拡張PIAカード MP-1895の詳細

Last Updated on 2012年6月20日 by kabekin

S1で使用できる拡張PIAカードの詳細がわかりました。
このカードは50ピン仕様のレベル3用だと思われますが、
S1の取説でも拡張ボードB(MPC-EX02S)というカードで72ピンに変換して使用するとあります。
スペック的にはMC6821 PIAチップを2個搭載し A系統2ポート16チャンネル、
B系統2ポート16チャンネルで合計32チャンネルの入出力だそうです。

I/Oアドレスとピンアサイン。
第一系統(PIA1)レジスタ名
ORA DDRA HFF60 (PA0~PA7)
CRA    HFF61 (CA1,CA2)
ORB DDRB HFF62 (PB0~PB7)
CRB      HFF63 (CB1,CB2)
信号名PIA1A ピン 信号名PIA1B ピン
PA0     1       PB0    15
PA1     2     PB1    16
PA2     3     PB2    17
PA3     4     PB3    18
PA4     5     PB4    19
PA5     6     PB5    20
PA6     7     PB6    21
PA7     8     PB7    22
CA1     9     CB1    23
CA2     10     CB2    24
GND     11     GND    25*それ以外のピンは未接続
第二系統(PIA2)レジスタ名
ORA DDRA HFF64 (PA0~PA7)
CRA    HFF65 (CA1,CA2)
ORB DDRB HFF66 (PB0~PB7)
CRB    HFF67 (CB1,CB2)
信号名PIA2A ピン 信号名PIA2B ピン
PA0       26   PB0     40
PA1       27   PB1     41
PA2       28   PB2     42
PA3       29   PB3     43
PA4       30   PB4     44
PA5       31   PB5     45
PA6       32   PB6     46
PA7       33   PB7     47
CA1       34   CB1     48
CA2       35   CB2     49
GND       36   GND     50*それ以外のピンは未接続

先日判明した、拡張PSGカードにPIAを使用するバージョンの実験に対応させるため、
どちらか一方のPIA I/Oアドレスを拡張PSGのアドレスに変更できるようにして実験予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください