PC-8801Mk2FR基板からYM2203CとYM3014Bを剥がす

7月末納期のソフトは無事納品。 次回納期は8月中旬というわけで、

ぼちぼち、8Bitの世界に戻ろうと廻りを見回すと88MkFRの基板を発見。

前からS1に取り付けてみたかったYM2203とYM3014を剥がすことに・・・・

ICソケットにしておいてくれればいいものを、しっかりハンダ付けされています。

ghs4gj room

とりあえず取引先から頂いてきた半田吸い取り機を用意。
ghs4gj room

両面基板なのでかなり苦労するものの作業続行
ghs4gj room

半田吸い取り機で無理やり剥がすため、熱で破壊されている可能性大ですが、とりあえず外れました。
ghs4gj room

YM3014Bは未だに購入可能ですが、YM2203Cはここ数カ月購入先が見つかりませんでした。

というわけで、苦労して剥がした訳ですが久しぶりにネットで調べると普通に購入可能でした・・・・・

悔しいので、新品を10個注文 (*^_^*) 買いすぎだが、この円高を利用しない手はない。

でも、この剥がしたYM2203Cで実験してやるぞ・・・・

それよりも、AY-3-8910の複合バスタイミングの残件をなんとかしなければ ^^;;;
P.S
FM音源チップ目的で88mkII FRは入手しないほうがいいかもです・・・・
私の持っていた基板はハンダ付けだったので、外すのにとても苦労します (*^_^*)
ソケットのタイプはあるんだろうか!?
ちなみに漢字ROMと思われるROMもハンダ付けで部品取りできる物は少ないです。

スポンサーリンク

「PC-8801Mk2FR基板からYM2203CとYM3014Bを剥がす」への6件のフィードバック

  1. >電脳技研さん
    表面実装のICはヒートガンでもOkそうですが、この手のDIPで両面基板でも上手くいくかなぁ
    上手く行きそうなら入手してみるのもいいかも・・・
    さすがにハンダ吸い取り機ではキツイ

  2. >ghs4gjさん
    多分いけると思うよ
    チップ側にあらかじめ金属製のDIP外し工具かなんかひっかけといて、ヒートブロアーで炙り回してやれば
    PCB自体が熱を帯びて簡単にはハンダが固化しなくなるから、引っ張ればポロっといくと思う
    ただ、皮手袋かなんかしとかないと、溶けたハンダが飛んでくるかも^^;
    ヒートブロアーはヤフオクで中華バッタもんが3000円くらいで買えるよ^^

  3. >電脳技研さん
    それなら一丁入手しとこうかな。
    コレ、上手く行けばかなり活用できると思われるが・・・・
    早速物色してみよう(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)