FM-7用RS232Cカード(MB22406)のピンアサイン メモ

FM-7用RS232Cカード(MB22406)の接続用ケーブルが無いので自作予定です。

自作の際、内部CN2 (26ピンコネクタ) のピンアサインが必要になると思われるのでメモしておきます

ピンNo 信号名 RS232CコネクタのピンNo
14  SG(信号用接地)  7
18  CTS(送信許可)  5
20  RTS(送信要求)  4
22  RxD(受信データ)  3
24  TxD(送信データ)  2
26  FG(保安接地)  フレーム(1)
その他 5=ST1,13=DATA TERMINAL READY
16=DATA SET READY,19=RECEIVE,23=ST2
があるようですが必要に応じて使用

使用ICはインテルの8251A
I/Oアドレスは &hFD06と&hFD07

使用ICが分かるように大きめの写真をアップしました。

部品面

半田面


今のところディップスイッチの機能は不明です。
情報が見つかりましたら追加予定です (*^_^*)

スポンサーリンク

「FM-7用RS232Cカード(MB22406)のピンアサイン メモ」への7件のフィードバック

  1. DIP-SWは、たしかボーレートだったと思うよ。
    300/600/1200/2400くらいまでだったと思うけど・・・もしかしたら2400は無いかも知れん。

    1. ボーレート設定の可能性は高いね。
      今度時間ができたらプリントパターンを追いかけてみるかな。
      FM音源カードといい、RS232Cカードといい情報が少ないなぁ

    1. レベル3やS1の情報に比べてFM-7の情報は入手しやすいかと思っていましたがそうでもないですね。
      どちらも同じくらい入手困難です^^;;;
      両面基板で表にもパターンがあり、部品が実装されているので回路を追いかけるのも大変です

  2. 回路図は秀和システムトレーディングの
    『FM‐7 F‐BASIC 解析マニュアル (フェーズ 2)』
    に掲載されています。
    今みたらAmazonに出物がありました。値段は例によって高めですが…

    DIP-SWはこんな感じです。
    1~5:ボーレート設定。どれか1つだけONにする。
    6~8:クロック設定。

      ①/②
    1: 300/1200
    2: 600/2400
    3:1200/4800
    4:2400/9600
    5:4800/19200

    ①SLOW(1/64)モードまたは同期(1/1)モード
    ②FAST(1/16)モード
    各モードは、i8251のレジスタで設定。

    6:ONで送受信同一クロック、OFFで分離クロック
    7:RT端子入力をクロックとして使用
    8:ST2端子入力をクロックとして使用

    制限事項
    DIPSW 6=ONの時、DIPSW 1~5,7,8 はどれか1本のみONのこと。
    DIPSW 6=OFFの時、DIPSW 7=ONとし、DIPSW 1~5,8 はどれか1本のみONのこと。

    1. 上記はわかりにくい説明でした。すいません。
      ごく一般的に使用するなら、DIPSW 6=ON,7=OFF,8=OFFとし、
      DIPSW 1~5でボーレートを選択してください。

      1. はせりんさま
        貴重な情報どうもありがとうございます(*^_^*)
        これでディップSWの割当がわかりました。
        実際に使用する時の参考にしたいと思います。
        このRS232Cボードを使って外部のWindows機と接続し、
        FM-7に接続した2DのFDDを読書ができるようにしたいと思います。
        これが出来るようになるとWindows機上で動作しているCP/Mエミュレータのデータを2DのFDに書込できるようになり、FM-7へのCP/M移植も進められるかと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)