来夢来人 2デッキ化計画 その2

来夢来人でFDDを増設する際に必要なドライブ選択の回路を仮に考えてみました。
(ドライブ選択以外の#DDENSや#HEAD1SELは来夢来人のFDDI/Fに揃っているはず)

部品数をできるだけ減らすために#EX-IO信号で$FF00~$FFBFをもらいます。

これならばとりあえずAモード Bモード両対応なので、来夢来人では関係ないですが、
レベル3にTF-10を接続する際にそのまま流用できるかと思います。

とりあえず考えてみたのがこんな回路
2デッキ案

一応6809の教科書にあるポイントに沿って
・Eの立ち上がりでアドレスバスの信号を有効にさせEX-IO信号と合わせて$E:FF04と$F:FF04を作る
・Eの立下りでD0~D3データのラッチ(D4~D7は今回は省略)
を行うようにしてみました。

細かいタイミングは不明ですが、動作の仕組み的には良さそうな感じです^^
あとR/#Wもありますが、ドライブ選択では関係なさそうなので未接続にしています。

74LS374は立ち上がりトリガ検出とデータバス、ラッチをまとめてできるロジックのようですので、
ここでICの実装を一つ減らして作業が楽になりました。

まぁこれで本当に動くかどうかわかりませんが、とりあえず部品集め開始しようかなと・・・・

74LS139でビットをデコードした後は、#SEL1~#SEL4ができているはずなので、
2デッキではなく4デッキ仕様に作りたいところですが、FD-55Bの#SEL信号はFDドライブ内でプルアップ
されているので、このアダプタからはオープンコレクタで出力が必修。
ここでバッファの74LS07があれば4デッキでも1個で済むのに、
インバータの74LS06では1個では足りない・・・ 74LS07は持ってないなぁ~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)