ubuntuにminicom v2.6をインストールする

Last Updated on 2013年2月21日 by kabekin

VMWare上で動作するubuntu10.04でUSB式シリアルポート変換器IODATA USRSQ2が
動作するか確認するためシリアル端末をインストールしてみました。
アイオーデータのUSB-RSAQ2
DSC05161
インストールはapt-getで可能でした
sudo apt-get install minicom
インストールしたらminicomを起動(sudoで起動が必要)
sudo minicom -o ← -oオプションはモデムを初期化しないモード
CTRL+Aの後Zでコマンド一覧が表示されるので0を押して設定画面に入る
設定のシリアルポートにカーソルを合わせてEnter
Aのシリアルデバイスに/dev/ttyUSB0を設定してEnter”
Fのハードウェア流れ制御をいいえに設定してEnter
dfl”に設定を保存にカーソルを合わせてEnter
(rootでやると設定がroot用になるので、普段使いのユーザでsudoでやらないと自分用の設定ができない)
終了で設定を抜ける
CTRL+A Xで一度終了して再度minicomを起動
起動画面でttyポートが変更されていることを確認
minicom26
USB-RSAQ2で115200bpsのループバックOK!
apt-getでインストールしたminicomは画面が崩れますが今のところ解決策は見つかっていません^^;;
http://freecode.com/urls/88a87ae332ec17462ac2b3897ad59b5d からソースを入手し
自分でビルドしても特に変わりなし
Google先生でも特に解決策は出てこない様子・・・いじってみるしかないかな^^
結論:
VMware上で操作しているubuntu10.04でアイオーデータのUSB-RSAQ2は
特にドライバ等入れなくても/dev/ttyUSB0で使用できることを確認
VMwareのホストOSとして使用しているWindows7でUSB-RSAQ2が使用できないのでかなり重宝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください