レベル3用プリンタユーティリティ&IGデモを頂く^^

レベル3専用MP-80に引き続き、レベル3用MP-80専用ユーティリティと思われるソフトを頂きました

昔の雑誌を見るとMP-80には画面コピーが取れるユーティリティやグラフィックサブルーチンが
別売されていたとの情報を見かけることがあるので、この手のソフトではないかと思われます。
DSC00978
その他、A面IGデモ/B面BMCALCのカセット、システムBITのROMライタのカセットも頂きました。

このテープは少し前にヤフオクでレベル3マーク5用デモとして出品されていた物と似ているので
マーク5用デモソフトだと思われます。
DSC00979
IGデモカセットのB面

中身を確認できていない理由は、愛用データレコーダTRQ-1500の不調・・・

先日から3インチコンパクトFDの内容をカセットにサルベージしているのですが
走行系の乱調でピンチローラ部によりテープに傷が入ることがあります。

ピンチローラを掃除しても改善しません。
DSC01001
詳しく確認してみると、ピンチローラのテープが接する部分が少し硬化してツルツルになってます。

キャンドゥで買ってきたテープはOKなのですが、ダイソーで買ってきたテープは傷が入る・・・
テープによって様子が違うので、貴重なデモテープやプリンタソフトはロードできません。

別のデータレコーダを探してくるか、ピンチローラを何とかするか悩みどころ^^;;;

ロードできたとしてもコピーはどうすればいいものか・・・・
レベル3のテープはS1でもロードできていたのでカセットへの記録フォーマットは同じだと思うのですが、
数年前S1活用研究に掲載されていたテープサイズサーチャでL3のテープを試したところ開始番地や
終了番地、実行番地は表示されませんでした。

レベル3のワークエリアも実行番地はあるようですが、開始番地や終了番地の情報は無さそうです。
となると、資料が無い限り番地情報は何か別の方法で取得しないとコピーは難しそうです。

ダブルカセットを借りてきてダビングした方が早そうかも・・・・^^;;;

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)