Lazarusからシリアルポートを使う方法メモ

スポンサーリンク

Lazarusシリアル情報 → http://wiki.lazarus.freepascal.org/index.php/Hardware_Access

Synapseライブラリを使う場合

1) Synapseライブラリの入手
ダウンロードページからダウンロード → https://www.ararat.cz/synapse/doku.php/download
rel.40 の synapse.zip をダウンロード

2)環境整備
2-1) synapse.zipを解凍して適当なフォルダに入れる
(Synapseはコンポーネントではなくライブラリ集らしくインストールは必要ないらしい)
2-2)ライブラリのパスを通す
各プロジェクト毎にProject Optionで設定
[Project]-[Project Options…]でOptions for Project画面を開く
[Compiler Options]-[Paths]-[Other unit files (-Fu)]にlibのパスを追加
今回は [ ..\..\lib\synapse40\source\lib ]で指定し[OK]
(v1.8.2では [Tools]-[Options…]でIDE Optionsに設定箇所が見当たらない)

3)使い方メモ
3-1)  usesに synaser を追加
3-2)  TBlockSerial型でオブジェクト生成
3-3) ポートパラメータ設定及びポートオープン
3-4) 送信用関数、受信用関数で入出力
3-5) ポート開放

●文字列での送受信メモ
受信イベントが無いのでタイマーでポーリング、最低限はOKそうだけど、ここはもう一工夫必要^^;;;

もっと良い方法がありましたら、アドバイスお願いします^^;;;

全ユニットのヘルプ → http://synapse.ararat.cz/doc/help/
TBlockSerialのヘルプ → http://synapse.ararat.cz/doc/help/synaser.TBlockSerial.html
Lazarusのヘルプ → http://wiki.freepascal.org/Hardware_Access#Synaser

それにしても情報が少ないなぁ~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。 本文に全角文字を2文字以上含めて下さい (スパム対策)